「パプリカ」と「ピーマン」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「パプリカ」と「ピーマン」の違い 食べ物・飲み物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「パプリカ」「ピーマン」の違いを分かりやすく説明していきます。

「パプリカ」とは?

「パプリカ」の意味と概要について紹介します。

「パプリカ」の意味

「パプリカ」とは、「オランダ産でピーマンの改良品種、大ぶりで肉厚、黄色や赤など色があるもの」のことです。

「パプリカ」の概要

「パプリカ」は、オランダ産の野菜で、平成5年に初めて日本への輸入が解禁になり、食べられる様になりました。

「パプリカ」はオランダ語で「ピーマン」という意味で、最近では国内でも生産される様になっています。

実は大ぶりで手の平に余る位、ふっくらと横幅があり、色は黄色や赤、オレンジなど非常にカラフルです。

肉厚で甘味があり、炒め物からシチュー、生でサラダに加えても食べられます。

火を通す場合はあまり時間をかけずに熱が通る程度にした方が、栄養価が流れ出さずに済みます。

「ピーマン」とは?

「ピーマン」の意味と概要について紹介します。

「ピーマン」の意味

「ピーマン」「アメリカ産で、青くて苦味があり、手のひらに入る程度の小ぶりの野菜のこと」です。

「ピーマン」の概要

「ピーマン」は、アメリカ産の野菜で、日本では明治時代から食べられる様になりました。

日本の食生活が西洋化されると共に需要量が増え、現在では国内生産の方が多くなっています。

「ピーマン」は、実は小さめで皮は薄く、濃い緑色をしています。

生で食べると苦みと青臭さがありますが、熱を加えると苦みがなくなり、甘味が出てきます。

その風味から嫌いという人も多いのですが、ビタミンCが豊富で、火を通してもビタミンが失われることが少なくなります。

「パプリカ」と「ピーマン」の違い!

「パプリカ」は、「ピーマンの改良品種で、大ぶりで肉厚、赤・黄色・オンレンジなどカラフルな野菜」です。

「ピーマン」は、「小さめで濃い緑色、苦味と青臭さが特徴の野菜」です。

まとめ

今回は「パプリカ」「ピーマン」の違いをお伝えしました。

「パプリカは大きくて赤や黄色」「ピーマンは緑」と覚えておきましょう。