「オーガナイザー」と「プロモーター」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オーガナイザー」と「プロモーター」の違い 専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「オーガナイザー」「プロモーター」の言葉の意味と違いをご存知でしょうか。

ここでは、それぞれの言葉の意味と、違いを丁寧に説明しています。

では一緒に見ていきましょう。

「オーガナイザー」とは?

「オーガナイザー」とは、組織する人、主催者、まとめ役といった意味で使われる言葉です。

今はまだ、あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、はじめは「組織への勧誘を行う人」を指していて、政治、労組などで使用していました。

最近ではそれだけに限定せず、組織を作り上げる元となる人といった意味合いで使われています。

「オーガナイザー」は今後浸透していく言葉かもしれません。

「プロモーター」とは?

「プロモーター」は仕事では、発起人、興行主、主催者という意味を持っています。

芸能界などで言う「プロモーター」とは宣伝をする人といった意味になり、ようするに新人を見つけてきて、どこかへ売り込み、デビューさせるといったことです。

芸能界に限らずどの業界にも「プロモーター」は存在します。

仕事内容はプロモーション活動をする人で、宣伝、販売促進の為の企画、運営です。

「オーガナイザー」と「プロモーター」の違い!

「オーガナイザー」「プロモーター」、それぞれの言葉が持つ意味を説明しました。

違いを簡単に覚えるには「オーガナイザー」とは、組織の元になる人、組織をまとめていく人といったことになります。

一方で「プロモーター」は、宣伝、販売促進の為の企画、運営をする人です。

まとめる力が必要となりますし気遣いも求められるでしょう。

「オーガナイザー」が、組織をまとめていく為に良い「プロモーター」と仕事を一緒にするという風に頭の中にイメージしますと、それぞれの仕事内容、役割などが理解しやすいのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。

「オーガナイザー」「プロモーター」、それぞれの言葉の意味と違いが理解できたのではないでしょうか。

違いを正しく理解して使い分けてください。