「喜怒哀楽」と「一喜一憂」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「喜怒哀楽」と「一喜一憂」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「喜怒哀楽」「一喜一憂」の違いを分かりやすく説明していきます。

「喜怒哀楽」とは?

「喜怒哀楽」の意味と使い方について紹介します。

「喜怒哀楽」の意味

「喜怒哀楽」「きどあいらく」と読みます。

意味は、「人間の持つ、喜び・怒り・悲しみ・楽しみの感情のこと」です。

「喜怒哀楽」の使い方

「喜怒哀楽」は、人間が持っている「喜び・怒り・悲しみ(哀しみ)・楽しみ」の4つの感情のことを言います。

あくまで感情の種類を表す言葉であり、その程度や状態を表す意味は含まれていません。

会話や文章として使う時には「喜怒哀楽が激しい」「喜怒哀楽に溢れた」などになります。

必ずしも全ての感情で表されることでなくても、感情が豊かな性格などに使われる言葉です。

「一喜一憂」とは?

「一喜一憂」の意味と使い方について紹介します。

「一喜一憂」の意味

「一喜一憂」「いっきいちゆう」と読みます。

意味は、「小さなことでいちいち喜んだり悲しんだりすること」「周囲の状況に振り回されてしまうこと」です。

「一喜一憂」の使い方

「一喜一憂」は、ある状況の変化に対していちいち敏感に反応して、喜んだり悲しんだりする様子のことを言います。

転じて「周囲の状況に振り回されて落ち着かない様子」という意味になり、あまり良くない意味として使われます。

「一喜一憂」は、「1つの出来事に喜んだと思えば、1つの出来事に憂いている様子」で、短い期間で繰り返されていることを表します。

それぞれの出来事は大したことがなく、周囲から見てその様に見える時に使われます。

「喜怒哀楽」と「一喜一憂」の違い!

「喜怒哀楽」は、「人の感情で喜び・怒り・悲しみ・楽しみを表す言葉」です。

「一喜一憂」は、「些細なことでいちいちよろ込んだり落ち込んだりすること」です。

まとめ

今回は「喜怒哀楽」「一喜一憂」の違いをお伝えしました。

「喜怒哀楽は感情の種類を表す」「一喜一憂は人の様子を表す」と覚えておきましょう。