「女子」と「女性」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「女子」と「女性」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「女子」「女性」の違いを分かりやすく説明していきます。

「女子」とは?

「女子」とは?

「女子」(じょし)は、生物的な性別が「男」ではない場合に使われる言葉で、そちらとの対比表現になります。

近年では「ニューハーフ」と呼ばれるような、第3の性別と言われているものも存在していますが、ここではそれらについては考えません。

そして、年齢が10代程度までの場合に用いられることが多く、20代になると、あまりこの「女子」とは使わず、後述する「女性」とする方が適しています。

あるアンケートによれば、「女子」と呼んでいいのは高校生(18歳程度)までだという意見が大多数だったように、比較的若い「女性」を表現する為の言葉です。

尚、この言葉は「おなご」とも読めますが、時代劇中で使われるような昔の表現になり、現代ではあまりそのようには読みません。

「女性」とは?

「女性」とは?

その「女性」(じょせい)は、性別が「男」ではなく、20代からを指して使われることが多い言葉となっています。

一部では、20代や30代になった「女性」「大人女子」(おとなじょし)などと表現していることがありますが、言葉遊びの類いで、決して一般的な表現ではありません。

また、性別自体の表現として、「男性」「女性」かという場合には、年齢に関係なく使われます。

「女子」と女性」の違い

「女子」と女性」の違い

「女子」「女性」の違いを、分かりやすく解説します。

性別的に「女」であり、年齢が主に10代の場合に使われる表現が「女子」で、20代以降は「女性」と使うのが一般的です。

ただし、「男性」「女性」かという場合と同じく、「男子」「女子」かといった二択になる時にはその限りではなく、年齢を問わず「女子」と使うことができます。

まとめ

まとめ

「女子」「女性」は、このように違います。

明確な基準こそありませんが、20代になると、もう「女子」とは表現はしないと考えておいていいでしょう。