「明確」と「明らか」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「明確」と「明らか」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「明確」「明らか」の違いを分かりやすく説明していきます。

「明確」とは?

「明確」の意味と使い方について紹介します。

「明確」の意味

「明確」「めいかく」と読みます。

意味は「はっきりとしていて、間違いがないこと」です。

「明確」の使い方

「明確」は、ものごとがはっきりとしていて、誰が見たり聞いたりしても間違わないことを言います。

似た様なものや、紛らわしい物があっても、その区別がはっきりとしていて、誰もが納得できる様に説明できる時に使われます。

「明」「あかるい」とも読み「はっきりとしている」という意味、「確」「たしか」とも読み「間違いがないこと」という意味、「明確」で文字通り「はっきりとしていて間違いがない」という意味です。

「明確な回答」という場合、相手の質問に対して誰もが理解できる様なはっきりとした正しい答えを表します。

「明らか」とは?

「明らか」の意味と使い方について紹介します。

「明らか」の意味

「明らか」「あきらか」と読みます。

意味は「光が満ちて明るく物を照らしている様子」「はっきりとして疑う余地のない様子」「道理が通っている様子」「心がはればれとしている様子」です。

「明らか」の使い方

「明らか」は、ものごとがはっきりとしていて、誰もが間違えないことを言います。

そのものごとが合っている、間違っているということは問わず、とにかく「はっきりと分かること」を表す言葉です。

他に多くのものがあっても、それだけはっきりと分かる、嘘をついてもそれが嘘だということがはっきりと分かるなど、他に考えられずそれしかない時の表現です。

「明確」と「明らか」の違い!

「明確」「はっきりとしていて間違いがないこと」です。

「明らか」「はっきりとしていて疑う余地がないこと」です。

まとめ

今回は「明確」「明らか」の違いをお伝えしました。

「明確は間違いがないこと」「明らかははっきりと分かること」と覚えておきましょう。