「勇気」と「覚悟」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「勇気」と「覚悟」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「勇気」「覚悟」の違いを分かりやすく説明していきます。

「勇気」とは?

「勇気」とは、物事を恐れない強い心という意味になります。

積極的にしようとする心という意味でもあります。

「彼はとても勇気がある」「私には勇気がなかった」などと、使います。

「覚悟」とは?

「覚悟」とは、危険なこと、好ましくない結果を前もって予想して、いざという時に慌てなくていいように心構えをすることを言います。

また諦めるといった意味でもあります。

「こうなることは、覚悟の上ですから大丈夫です」「もう、覚悟はできている」「決死の覚悟」「覚悟はしておこう」などと、使います。

ちなみに喧嘩などで相手に「覚悟しろ」と言うのは観念しろ、という意味合いとなりますが、このような言い方は好ましいものではありませんから、使わないようにしましょう。

「勇気」と「覚悟」の違い!

「勇気」「覚悟」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも「心」に関する言葉という共通点がありますが、意味は違いますので混同しないようにしてください。

「勇気」とは物事を恐れない、強い心、積極的に行動しようとする心意気といった意味になります。

例えば成功するかわからないようなこと、怖いと感じること、このようなことは逃げたり、避けることも可能なのです。

ですが、怖いという気持ちを振り払い対応しようと考えること、それが「勇気」となります。

一方の「覚悟」とは、危険な状態、好ましくない結果、そのようなことを予想した上で、それに対応しようとする心のことを言います。

すべてを承知の上で対応しようと心を決めることです。

ちなみに仏教用語で「覚悟」とは悟りを開くことでもあります。

まとめますと 「勇気とは物事を恐れない心」「覚悟とは危険、悪い結果を予想した上で対応できる心構えをすること」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「勇気」「覚悟」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

生きていく上でこの二つを持つことはとても大事なことと言えるでしょう。