「夕日」と「夕陽」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「夕日」と「夕陽」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「夕日」「夕陽」の違いを分かりやすく説明していきます。

「夕日」とは?

「夕日」の意味と使い方について紹介します。

「夕日」の意味

「夕日」「ゆうひ」と読みます。

意味は、「夕方の太陽、またはその光のこと」です。

「夕日」の使い方

「夕日」は、夕方の太陽や、そこから発する光のことを言います。

「夕日」は常用漢字に載っている読み方であり、新聞・教科書・公文書などにはこちらが使われます。

公式な場合には正しいとされるのは「夕日」です。

「日」は、「太陽」「おひさま」という意味があり、「夕方の太陽そのもの」というニュアンスで使われることが多くなります。

「夕陽」とは?

「夕陽」の意味と使い方について紹介します。

「夕陽」の意味

「夕陽」「ゆうひ」と読みます。

意味はこちらも「夕方の太陽、またはその光のこと」です。

「夕陽」の使い方

「夕陽」「夕日」と同じ意味で使われますが、大きな違いは「夕陽」は常用漢字には載っていない読み方であるという点です。

その為に、新聞・教科書・公文書などでは使われません。

「夕陽」は正しくは「せきよう」と読みますが、日常会話で使われることはまずありません。

「陽」「日」「日の光」「あたたかさ」という意味があり、「夕陽」「夕方の太陽の光や赤く染まった空の色」という情景を含めたニュアンスとして使われます。

個人的な文章や詩歌にはその時の雰囲気や感覚により「夕陽」を使っても構わないのです。

「夕日」と「夕陽」の違い!

「夕日」「夕陽」は同じ意味の言葉です。

「夕日」は、常用漢字表に掲載されている読み方で、公的にはこちらを使います。

「夕陽」は、常用漢字表には掲載されていない読み方で、プライベートで使います。

まとめ

今回は「夕日」「夕陽」の違いをお伝えしました。

「夕日は常用漢字に載っている読み方」「夕陽は常用漢字外の読み方」と覚えておきましょう。