「背負う」と「担う」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「背負う」と「担う」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「背負う」「担う」の違いを分かりやすく説明していきます。

「背負う」とは?

「背負う」とは?

「背負う」の意味と使い方について紹介します。

「背負う」の意味

「背負う」「せおう」と読みます。

意味は「背中に乗せて目的地まで運ぶ」「重い責任のある役割を引き受けること」「ものが背中に来る様に置くこと」です。

「背負う」の使い方

「背負う」は、元々の意味は「背中に物を載せて目的地まで運ぶこと」を言います。

基本的に「重い荷物」を背中に載せて運ぶことから、転じて「責任が重い仕事を引き受ける」という意味で使われる様になりました。

「担う」と似た様な意味なのですが、「背負う」の場合は「困難な仕事」「大変な仕事」「責任重大な仕事」という、あまり良くないニュアンスがあります。

「〇〇の役割を背負う」と使う場合、その「〇〇」は皆がやりたがらない内容であることが多く、その人にとってプレッシャーになるのです。

「担う」とは?

「担う」とは?

「担う」の意味と使い方について紹介します。

「担う」の意味

「担う」「になう」と読みます。

意味は「物を肩に載せて支えながら運ぶこと」「あるものごとを引き受けて、推し進めること」です。

「担う」の使い方

「担う」は、元々の意味は「物を肩に載せてかつぎながら運ぶこと」を言います。

ここから転じて、「あるものごとを、自分の責任として引き受けて、推し進めること」という意味で使われる様になりました。

「担う」「かつぐ」とも読み、肩に載せて運ぶこと、つまり、肩に載せて運ぶ様な気合いの入る役割を引き受けることを表します。

「背負う」との違いは、「肩にかついで力強く運ぶ」というニュアンスがあることから、「立派に仕事をする」という良い意味があるという点です。

「背負う」と「担う」の違い!

「背負う」と「担う」の違い!

「背負う」「困難で責任が重い仕事を引き受けること」です。

「担う」「自分の責任として引き受けて、推し進めること」です。

まとめ

まとめ

今回は「背負う」「担う」の違いをお伝えしました。

「背負うは困難なこと」「担うは責任のあること」と覚えておきましょう。