「考察」と「感想」の違いとは?意味を詳しく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「考察」と「感想」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「考察」「感想」は似たような意味・イメージを持っている混同しやすい言葉ですが、「考察」「感想」の意味の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、例文とその解釈も紹介しながら、「考察」「感想」の意味の違いを分かりやすく説明していきます。

「考察」の意味や使い方

「考察」という表現は、「物事・現象の内容などを解明するために、資料・データをよく調査しながら考えること」を意味しています。

「考察」の表現の使い方は、「学術論文・授業や講義・ビジネスの分野」で使いやすい使い方になっています。

例えば、「室町時代の足利将軍家の影響力の変化と衰退について考察しました」のような文章で、「物事を明らかにするため、調べて考える」という意味で使うことができます。

「感想」の意味や使い方

「感想」という表現は、「ある物事・作品・人物などについて、心に感じたことや思ったこと」を意味しています。

「感想」の表現の使い方は、「読書や映画鑑賞などの経験をした後で、心に何か感じたこと」を意味して使う使い方になります。

例えば、「話題の映画の内容について感想を述べました」のように、「ある物事や作品について心で思ったこと(感じたこと)」を指示して使うことができます。

「考察」と「感想」の違い

「考察」「感想」の意味の違いを、分かりやすく説明していきます。

「考察」という表現は、「物事・現象の内容などを明らかにするために、よく調査しながらしっかり考えること」を意味しています。

それに対して、「感想」という表現は、「ある物事を経験した後に心に感じた内容」「読書・芸術鑑賞・映画鑑賞などをして心に思ったこと」を意味しているという違いがあります。

「感想」という言葉は「ただ何かを経験した後に、心に感じたこと・思ったこと」を意味しているだけですが、「考察」という言葉は「物事の内容・意味などを明らかにするために調査して考える」という意味のニュアンスが強くなっているのです。

「考察」を使った例文と意味を解釈

「考察」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「これはなぜ先進国で婚姻率が低下して女性特殊出生数が減っているのかの要因について、優れた考察を加えた論文です」

この「考察」を使った例文は、「考察」という表現を、「婚姻減少・少子化の要因について、適切な調査をしながら深く考える行為を加えている優れた論文です」という意味を持つ文章で使用しています。

「感想」を使った例文と意味を解釈

「感想」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「私は読書をした後には、ブログに自分の言葉で感想を書き残すようにしています」

この「感想」を使った例文は、「感想」の表現を、「ブログに自分の言葉で、本を読んで感じたことを」という意味合いで使っています。

まとめ

「考察」「感想」の違いを分かりやすく解説しましたが、いかがだったでしょうか? 「考察」というのは、「物事・現象の本質を明らかにするために、よく調査しながら考えること」を意味しています。

それに対して、「感想」というのは、「ある物事・作品について、心に感じた内容や思ったこと」を意味しています。

「考察」「感想」の意味の違いを詳しく知りたい時は、この記事の内容をチェックしてみてください。