「無課金」と「微課金」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「無課金」と「微課金」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「無課金」「微課金」の違いを分かりやすく説明していきます。

「無課金」とは?

「無課金」の意味と使い方について紹介します。

「無課金」の意味

「無課金」「むかきん」と読みます。

意味は「ゲームに全く課金していないこと」です。

「無課金」の使い方

「無課金」は、ゲームをプレイする時に一切課金していない人のことを言います。

100円でもアイテムを購入した時点で「無課金」ではなくなります。

現在スマホゲームの中には、無料でもある程度楽しめるゲームがあります。

ゲームをすることで得られるアイテムやキャラなどで、それなりに勝負を楽しめるのです。

その為、「無課金プレイヤー」と呼ばれるユーザーが存在していて、攻略方法なども広まっています。

因みに、「無課金」「無理のない課金」として使われることもありますが、言い訳に近い解釈でごく一部に限られます。

「微課金」とは?

「微課金」の意味と使い方について紹介します。

「微課金」の意味

「微課金」「びかきん」と読みます。

意味は「ゲームにわずかばかり課金すること」です。

「微課金」の使い方

「微課金」は、「微妙な課金」の略で、ゲームをプレイする時にほんの少しの金額を使う人ことを言います。

どの程度が「微妙」なのかは人により感覚が違いますが、1ヵ月に「千円~数千円」程度ならば、それほど高額ではない為に人によっては「微課金」になります。

1ヵ月に1万円を超える場合は「少額」とは言えないので「微課金」とは言いません。

但し、通常数万円~数十万円かかるゲームで1万円程度しか使っていないのであれば「微課金」という人もいるのです。

「無課金」と「微課金」の違い!

「無課金」「ゲームに全く課金しないこと」です。

「微課金」「ゲームにほんの少し課金すること」です。

まとめ

今回は「無課金」「微課金」の違いをお伝えしました。

「無課金はゼロ」「微課金は微妙」と覚えておきましょう。