「放置違反」と「駐車違反」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「放置違反」と「駐車違反」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「放置違反」「駐車違反」の違いを分かりやすく説明していきます。

「放置違反」とは?

「放置違反」の意味と概要について紹介します。

「放置違反」の意味

「放置違反」「駐車禁止の場所に駐車をして運転手が車から離れてしまい、車をすぐに移動できない状態での違反のこと」です。

「放置違反」の概要

「放置違反」「放置駐車違反」と言い、駐車が禁止されている場所に駐車して、運転手がその場を離れるなどで、すぐに運転できない状態のことを言います。

駐停車禁止の場所では、例え運転手がトイレに行きたいと思っても、ちょっとした荷物を配達するだけであっても、車を留めることはできないのです。

いわゆる「駐車違反」の場合は、こちらの「放置違反」のケースが多くなります。

違反車は、警察官或いは民間の監視員によりタグが取り付けられ、後日運転者が警察署に出頭しなければなりません。

「駐車違反」とは?

「駐車違反」の意味と概要について紹介します。

「駐車違反」の意味

「駐車違反」とは、「駐車禁止の場所に駐車をして、運転手が側にいる状態での違反のこと」です。

「駐車違反」の概要

「駐車違反」は、「駐停車違反」と言い、駐車禁止、または駐停車禁止の場所に駐車して、運転者が側にいる状態での違反を言います。

一般的に人待ちや、電話をかけるなどで、駐停車禁止の場所に停車してしまったり、断続的に同じ車両が駐車するケースなどがあります。

違反者は、警察や監視員によりすぐに移動する様に命じられますが、違反切符を切られます。

「放置違反」と「駐車違反」の違い!

「放置違反」「運転者がすぐに運転できない状態での駐停車違反のこと」です。

「駐車違反」「運転者が側にいる状態での駐停車違反のこと」です。

まとめ

今回は「放置違反」「駐車違反」の違いをお伝えしました。

「放置違反は運転者がいない状態」「駐車違反は運転手がいる状態」と覚えておきましょう。