「買いたい」と「買いたがっている」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「買いたい」と「買いたがっている」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「買いたい」「買いたがっている」の違いを分かりやすく説明していきます。

「買いたい」とは?

「買いたい」の意味と使い方について紹介します。

「買いたい」の意味

「買いたい」は、「ある物を購入したいと思っていること」です。

「買いたい」の使い方

「買いたい」は、ある物に対して、購入したいと思っていることを言います。

基本的に一人称であり、「自分がそう思った時」に使われる言葉です。

「買いたい」は、動詞「買う」の連用形に、願望の助動詞「たい」の終止形が組み合わさった言葉で、願望の意味があります。

自分ではそうしたいと思っているけれども、まだ実現していない状態で、場合によっては取り止めになる可能性もあります。

「買いたがっている」とは?

「買いたがっている」の意味と使い方について紹介します。

「買いたがっている」の意味

「買いたがっている」は、「ある物を、現在誰かが購入したいと思っていること」です。

「買いたがっている」の使い方

「買いたがっている」は、ある物に対して、現在誰かが購入したいと思っていることを、話し手が知っていることを言います。

基本的に三人称であり、「彼/彼女がそう思っている」と、本人或いは誰かから聞いて知っている時に使われます。

「したがっている」は、現在の感情を表す言葉で、今実際にその様に思っている状態です。

既に興味がなくなった場合や、残念ながら希望が叶わなかった時には「買いたがっていた」になります。

「買いたい」と「買いたがっている」の違い!

「買いたい」「ある物を自分が購入したいと思っていること」です。

「買いたがっている」「ある物を、現在誰かが購入したいと思っていること」です。

まとめ

今回は「買いたい」「買いたがっている」の違いをお伝えしました。

「買いたいは一人称」「買いたがっているは三人称」と覚えておきましょう。