スポンサーリンク

「莫大」と「膨大」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「莫大」と「膨大」の違い違い比較
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「莫大」「膨大」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「莫大」とは?

程度や数量が極めて大きいことを意味する「莫大」

その大きさは許容範囲を超えるほどで、これ以上は無理だといった際に用いられる言葉となります。

「莫大」の場合、その大きさ、数の多さは明確で、数字として表すことが可能です。

そのため、漠然としたものではありません。

同じような意味を持つ言葉には、「甚大」「多大」「絶大」などがあります。

また、反対の意味の言葉には、「僅少」「軽少」があり、「僅少」「軽少」も、ほんのわずかといった意味となります。

「莫大」の使い方

「莫大」は、明確な数値で表すことができるものに対し用いる場合が多く、「莫大な借金」「莫大な財産」「莫大な利益」などといったものがあります。

「膨大」とは?

膨れて大きくなると書いて「膨大」

何かが大きく膨れ上がり大きくなるといった意味となります。

非常に大きい事を意味し、今までよりも数や程度が増えている際に用いられる言葉となります。

同じような意味を持つ言葉には、「膨張」「拡大」などがあります。

また、反対の意味の言葉には、小さくなるといった意味の「縮小」やほんのわずかといった意味の「僅少」となります。

「膨大」の使い方

色々なものは膨れ上がるといった意味として用いることができるため、「膨大」には、「膨大な需要」「膨大な損害」「膨大な規模」「膨大な額」「膨大な仕事」などといったものがあります。

「莫大」と「膨大」の違い

同じ大きいこと、多いこと、を意味する「莫大」「膨大」ですが、使用できる内容に違いがあります。

「莫大」の場合、数量化することができる一方、「膨大」の場合は、数量化することはできません。

そのため、何が大きくなったのか、多くなったのか、を踏まえ、「莫大」「膨大」を使い分ける必要があります。

「莫大」の例文

・『父は、莫大な借金を残し死んでしまいました。』

・『電話代を気にせず国際電話を利用してしまった結果、莫大な電話代の請求書が届き驚いています。』

・『彼女は、一人で莫大な遺産を受け継ぐことになりました。』

・『我が社は太陽光発電システムにより、莫大なエネルギー供給に成功した。』

「膨大」の例文

・『彼は、膨大な仕事量を抱えることになり、長時間労働を課せられている。』

・『夏休みは膨大な量の宿題に追われてしまい、思い通り遊ぶことができませんでした。』

・『受験生の私は、この夏、膨大な量の問題をこなす必要がある。』

・『今回の台風により膨大な被害が発生したことは間違いありません。』

まとめ

以上のように「莫大」「膨大」の違いは明確です。

そのため、間違った使い方を行わないよう、まずは、それが数値化することができるのかを考え、そのうえで数値化できるものは「莫大」

数値化できないものは「膨大」を選択するように注意してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い比較
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物