スポンサーリンク

「差分」と「差異」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「差分」と「差異」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「差分」「差異」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「差分」とは?

「差分」には3つの意味があります。

1つめは関数に関係する言葉です。

関数fがあります。

この関数fのある一地点における関数値と、別の一地点に置ける関数値の差を意味しています。

2つめは、階差のことです。

ある数列で、隣り合う項について、次にある項から前の項を引いた差を意味しています。

たとえば、4・7・12と数字が並んでいたとします。

4と7は隣り合っています。

4の次にある項は7です。

次にある項から前の項を引く、つまり7から4を引くと3になります。

このような差のことをいいます。

3つめの意味は、和算で比例配分のことです。

和算とは、中国から伝わってきて、江戸時代ごろに日本で独自に発展した数学です。

明治維新ころまでは盛んでした。

和算は、その後に入ってきた西洋の数学に対する言葉です。

比例配分とは、ある量を定められた比に分けることです。

「差分」の使い方

1つめの意味と2つめの意味で使われることが多いです。

日常的に頻繁に会話に出てくる言葉ではありません。

「差異」とは?

いくつかのものの間の同じではない部分のことです。

いくつかというのは、2つ以上のことです。

2つのものを比べて同じではない部分のことも、3つ以上のものを比べて同じではない部分のことも「差異」といいます。

手作りのぬいぐるみのことで考えてみます。

手作りなので、いくつか作ったときに、機械で作ったようにきっちり同じにすることはできません。

人間なので、機械のような正確な作業は無理です。

たとえば、猫のぬいぐるみなら、耳の大きさや、目のついている位置などに、少し違いがあることでしょう。

このような違いを意味しています。

「差異」の使い方

あるものと別のあるものとの同じではない部分、という意味で使用をします。

製品、人間、文化、食品など、さまざまなものについていうことができます。

一つのもののでは比べることができないので、2つ以上のものを比べるときのことをいいます。

「差分」と「差異」の違い

どちらの言葉にも、ちがうという意味を持つ漢字である「差」が使用されています。

しかし、その後にくる漢字が「分」「異」という違いがあり、言葉の意味も違います。

前者の言葉は、関数値や数列などの違いを意味しています。

後者の言葉は、複数のものの違う部分を意味しています。

2つの言葉は、何に関する違いなのかという点が異なります。

「差分」の例文

・『差分が大きい』
・『差分を解析する』
・『差分の計算が大変だ』
・『差分を分析するツール』

「差異」の例文

・『大した差異はない』
・『手作りなので、どうしても差異がうまれてしまいます』
・『人種間で大きな差異はない』
・『気にするほどの差異ではない』

まとめ

ちがいという意味を持つ2つの言葉ですが、何に関する違いなのかという点が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物