スポンサーリンク

「心構え」と「心づもり」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「心構え」と「心づもり」の違い二語の違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「心構え」「心づもり」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「心構え」とは?

「心構え」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「心構え」は、「こころがまえ」と読みます。

「心構え」は、「物事に対処する心の準備。

覚悟」
という意味があります。

何かをするとき、心の準備ができているか、または覚悟があるかと問いかける場合は、「心構えができているか、自分自身に問いかける」などという文章にできます。

例えば、彼女や彼氏などいらないと考えている人がいる場合でも、一生独身で生きるという覚悟があるかどうかは別ではないでしょうか。

この場合は、「恋人はいらないと思っているが、まだ、一生独身で生きる心構えはできていない」などという文章を作ることができます。

また、会社に入社した時、社会人として働く心の準備をするよう、先輩に言われるかもしれません。

この場合は「社会人としての心構えを、先輩に教わる」などという文章にできます。

「心づもり」とは?

「心づもり」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「心づもり」「こころづもり」と読みます。

「心づもり」は、「心の中であらかじめ考えておくこと。

心中の予定、計画」
という意味があります。

例えば、仕事を終えた後、恋人とデートをする予定の人がいるかもしれません。

この場合は、「定時に仕事を終える心づもりだったが、残業してしまい、デートに遅れてしまった」などという文章にできます。

また、登山に出掛ける場合は、もしかしたら遭難するかもしれないと、あらかじめ考える人がいるかもしれません。

この場合は「万が一、遭難した場合の、心づもりとして、ビバーク用のテントを持っていく」などという文章を作ることができます。

さらに、予定では、5分で駅に着くはずが、10分経っても到着しないという場面があるかもしれません。

この場合は、「5分で駅に着く、心づもりだったのに、10分経っても着かずに慌ててしまった」などと表現することができます。

「心構え」と「心づもり」の違い

「心構え」「心づもり」の違いを、分かりやすく解説します。

「心構え」は、「物事に対処する心の準備。

覚悟」
という意味があります。

一方で「心づもり」は、「心の中であらかじめ考えておくこと。

心中の予定、計画」
という意味があります。

どちらも、心について意味する言葉という共通点があります。

ただし、「心構え」は、「覚悟」を意味するのに対して、「心づもり」「予定。

計画」
を意味するという違いがあります。

心の中で、覚悟する場合は「心構え」を、心の中で、予定を立てるような場面では「心づもり」という言葉を使ってみましょう。

まとめ

「心構え」「心づもり」の違いについて見てきました。

2つの言葉には明確な意味の違いがありました。

2つの言葉の意味の違いを知ることで、きちんと使い分けることができるようになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
二語の違い
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物