スポンサーリンク

「定住」 と「移住」 の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「定住」 と「移住」 の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「定住」「移住」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「定住」とは?

「定住」とは?

一つの定まったところに住む場所を決めて、そこに住みつくことです。

多くの日本人は、自分の家というものを持っています。

購入した家の場合もあれば、借りている家の場合もあるでしょう。

どちらにしても、同じところに数年と住み続けます。

このような状態を「定住」といいます。

どれくらいの期間、一つの定まったところに住めば「定住」といえるのか、明確な定義はありません。

しかし、旅行をしてホテルや旅館などに数日間泊まることは「定住」とはいいません。

遊牧民は移動しながら生活をしています。

つまり、一つの定まったところで長期的に過ごすことはないのです。

これは「定住」ではありません。

「定住」の使い方

一つの定まったところに住むところを構えて、そこに住み続けることという意味で使用をします。

一か所にとどまっていても、テント生活を長くするようなことには、あまり使用しません。

また、ホテルでの生活を長期間続けることにも使用しません。

暮らしをするための家を一つのところに決めて、その場所で長期的にくらすことを指して使用する言葉です。

「移住」とは?

「移住」とは?

他の土地に移り住むことです。

転勤などである場所から別の場所に移り住むことがあると思います。

隣の町など、その移動距離が長くないこともあります。

こういった場合には「移住」とはいいません。

この言葉は、とくに海外に移り住むことや、商売や開拓の目的で移り住むことを意味しています。

たんに住む場所を変えることではなく、住むところを遠い場所に変えることをいいます。

たとえば、日本に住んでいた人がアメリカに住む場所を変えるなどです。

日本国内でも、東京に住んでいた人が北海道に住む場所を変えるなど、遠い場所に住む場所を変えることについてもいえます。

「移住」の使い方

生活をする場所を変えることについて使用をします。

近い場所に移り住むことではなく、海外に住む場所を変えることや、商売や開拓の目的で住む場所を変えることについていいます。

「定住」と「移住」の違い

「定住」と「移住」の違い

どちらの言葉も住む場所に関係していますが、同じことを指しているのではありません。

前者の言葉は、住む場所を定めることです。

一つのところを決めて、その場所に住み続けることをいいます。

後者の言葉は、住む場所を変えることです。

とくに海外に移ること、商売や開拓の目的で移ることをいいます。

「定住」の例文

「定住」の例文

・『こんな場所に定住したい』
・『定住したいと思ってもらえる街を目指す』
・『定住者が増えています』
・『テレビの影響で定住者が増えた』

「移住」の例文

「移住」の例文

・『オランダへの移住を考えています』
・『2年前に移住しました』
・『移住のための資金をためる』
・『移住するものを受け入れています』

まとめ

まとめ

どちらの言葉も住む場所に関係していますが、一方は定まった所に住むこと、もう一方は住む場所を変えることで、意味が違います。