「節約」と「倹約」の違いとは?意味を詳しく解釈

言葉・言語

日本語には似たような意味を持つ言葉がたくさん存在しています。

いわゆる類義語としてのジャンルになるのですが、その中でも「節約」「倹約」という言葉があります。

しかし、これら2つの言葉の意味を深く調べて行くと、微妙に違うことも見えて来ます。

そこで今回は「節約」「倹約」について説明をしていくことにします。

「節約」と「倹約」各々の解釈

では、 「節約」「倹約」のそれぞれの言葉の意味を解釈してみることにします。

「節約」の意味や使い方

「節約」とは「無駄を省いて切り詰めること」という意味がある言葉です。

特に湯水に物やお金を使うのではなく、質素に慎ましく生活する中で使われており、「電気代を節約する」というような使い方をしています。

「倹約」の意味や使い方

「倹約」「無駄を省き費用を切り詰めること」という意味があり「小遣いを倹約している」「質素倹約に努める」という使い方になります。

「節約」と「倹約」の違い

では、これら「節約」「倹約」には、どのような違いがあるのでしょうか?

「倹約」とは「無駄を省きながら、お金を切り詰めること」「そのように努めるさま」という意味を持っています。

片や「節約」「無駄を省いて切り詰めるさま」、あるいは「無駄使いを制限すること」という意味になることから、一見同じような解釈に思えるのですが、「倹約」という言葉には「お金を切り詰める」「お金の無駄を省く」という概念が含まれています。

一方の「節約」は電気の「節約」や水道の「節約」といったようにお金以外のものにも使えることができる言葉です。

そのために、「倹約」「余計な出費を抑えつつ金銭面の無駄を省く」というお金のことを触れており、「節約」「色々なものを制限して無駄を省く」という解釈の違いが見られます。

「節約」と「倹約」各々を使った例文と意味を解釈

では、ここで「節約」「倹約」各々を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

「節約」を使った例文と意味を解釈

「経費削減のおり、交際費を節約することで、会社の経営に貢献する」

企業活動においては、必要経費があります。

年度当初に必要な予算計画を立てて運用するものですが、不必要な経費を「節約」することも大切なことです。

「倹約」を使った例文と意味を解釈

「年金を倹約して大事に使うことで、生活を質素にする」 年金は老後の大切な資金ですが、これもまた、湯水のように使えるものではありません。

「倹約」しながら、生活を質素にすることで、何とか生活を維持することができるのですが、若いうちから貯蓄しておくことも必要です。

まとめ

「節約」「倹約」という2つの言葉を見てきましたが、これらの言葉をしっかりと理解することで、ビジネスにおいても、私生活においても、堅実な歩みを進めることができると思います。