「素養」と「資質」の違いとは?意味を詳しく解釈

言葉・言語

「素養」「資質」は類似した言葉ですが、異なる意味を持っています。

「素養」という表現は「彼には英語の素養があります」といった文章で使い、「資質」という表現は「彼は経営者としての資質があります」といった文章で使われますが、「素養」「資質」の意味の違いはどこにあるのでしょうか?

「素養」と「資質」各々の解釈

「素養」「資質」のそれぞれの意味や使い方の解釈をします。

「素養」の意味や使い方

「素養」という表現は、「平素から学習したり修養したりして覚えたこと、身につけたこと」を意味しています。

「素養」というのは、「日常的な学習・教育・努力によって身につけた知識や技芸」のことを意味している表現なのです。

「素養」の使い方は「彼女は茶道の素養があるので立ち居振る舞いが美しいのです」のように、「普段の努力や学習によって身につけた教養・知識・技術」を指示して使うという使い方になります。

「資質」の意味や使い方

「資質」という表現は、「その人に生まれつき備わっている性質・才能・適性」のことを意味しています。

「資質」というのは、「その人が先天的(生得的)に持っている能力・体格・性質・才能・天性」を意味している表現なのです。

「資質」の使い方は「彼の音楽家としての資質は親譲りのものでした」のように、「生まれながらにその人が持っている性質・能力・天性」を指して使うという使い方になります。

「素養」と「資質」の違い

「素養」という表現は、「後天的に学習したり努力(修養)したりして身につけた知識・教養・技芸・振る舞い」を意味しています。

それに対して、「資質」という表現は「先天的に備わっている才能・性質・適性」のことを意味しているという違いがあります。

「素養」というのは「後天的に身につけた能力・適性」であり、「資質」というのは「先天的に持っている能力・適性」であるという明らかな違いがあるのです。

「素養」と「資質」各々を使った例文と意味を解釈

「素養」「資質」を使ったそれぞれの例文とその意味を解釈していきます。

「素養」を使った例文と意味を解釈

「卓越した哲学的素養があっても、現代では哲学の知識や発想だけで生計を立てることは難しいのです」

この「素養」を使った例文は、「素養」という表現を、「哲学の分野で勉強(努力)して身につけた抜きん出た知識・教養があっても」という意味の文章で使っています。

「資質」を使った例文と意味を解釈

「芸術家としての資質に恵まれていたので、小学生の頃から音楽や絵画の分野で頭角を現していました」

この「資質」を使った例文は、「資質」という表現を、「芸術家としての生まれながらの才能・適性・性質に恵まれていたので」という意味を持つ文脈で使用しています。

まとめ

「素養」「資質」の意味の違いについて説明しましたが、「素養」の表現は「後天的に学習・努力をして身につけた知識・教養」に意味の重点があります。

それに対して、「資質」の表現は「(後天的に努力しなくても)生まれながらに備わっている才能・適性・性質」に意味の重点があります。

「素養」「資質」の意味の違いを理解して、内容やシチュエーションに応じて正しく使い分けるようにしましょう。