「卓越」と「超越」の違いとは?意味を詳しく解釈

言葉・言語

「卓越」「超越」は類似した意味を持つ間違えやすい言葉です。

「卓越」という表現は「卓越した技術力があります」といった文章で使い、「超越」という表現は「人智を超越した神秘的な現象でした」といった文章で使われますが、「卓越」「超越」の意味の違いはどこにあるのでしょうか?

「卓越」と「超越」各々の解釈

「卓越」「超越」のそれぞれの意味や使い方の解釈をします。

「卓越」の意味や使い方

「卓越」という表現は、「他と比べて抜きん出て優れていること」「他よりも高い位置にあってはるかに優れているさま」を意味しています。

「卓越」の表現の使い方は「留学経験のある彼女の英会話スキルは、クラスの中で卓越していました」という文章のように、「他と比べてはるかに優秀なさま」を意味して使うという使い方になります。

「超越」の意味や使い方

「超越」という表現は、「普通に想定される程度・範囲をはるかに超えていること」「ある特定の上限・枠組みを大きく超えているさま」を意味しています。

「超越」の言葉には、「他よりもはるかに抜きん出て優れているさま」の意味もあります。

「超越」の表現の使い方は「あの人の常識を超越したアイデアは真似できるものではありません」のように、「普通に考えられる程度・枠組みをはるかに超えている場合」に使うという使い方になります。

「卓越」と「超越」の違い

「卓越」という表現は、「他と比べて抜きん出て優れているさま」を意味しています。

それに対して、「超越」という表現は「普通に考えられる程度・範囲をはるかに超えていること」を意味しているという違いがあります。

「超越」にも「卓越」と同じ「他よりも非常に優れているさま」の意味はありますが、「普通に想定できる程度・枠組み・限界を大きく超えている」という意味合いに重点が置かれている違いがあります。

「卓越」と「超越」各々を使った例文と意味を解釈

「卓越」「超越」を使ったそれぞれの例文とその意味を解釈していきます。

「卓越」を使った例文と意味を解釈

「彼は卓越したプログラミング能力を会社から評価されて、非常に高い給与で雇用されていました」

この「卓越」を使った例文は、「卓越」という表現を、「彼は他の人と比べてはるかに優れているプログラミング能力を会社から評価されて」という意味を持つ文脈で使っています。

「超越」を使った例文と意味を解釈

「完全無欠な神のように人間を超越した存在になりたいと願った人は過去に多くいましたが、実現できた前例はありません」

この「超越」を使った例文は、「超越」という表現を、「完全無欠な神のように人間という種・枠組みをはるかに超えた存在になりたい」という意味合いで使用しています。

まとめ

「卓越」「超越」の意味の違いについて解説してきましたが、「卓越」の表現は「能力・技術・実績などが他よりも抜きん出て優れていること」に意味の重点があります。

それに対して、「超越」の表現は「普通に想定される範囲・程度をはるかに超えていること」に意味の重点があります。

「卓越」「超越」の意味の違いを理解して、内容や文脈に応じて正しく使い分けるようにしましょう。