スポンサーリンク

「帰宅」と「帰社」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「帰宅」と「帰社」の違いとは?違い比較
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「帰宅」「帰社」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「帰宅」とは?

自分の家に戻ることです。

自分の家というのは、生活を営むために暮らしている場所のことです。

ホテルや旅館などではありません。

また、会社に寝泊まりする人もいるかもしれませんが、この場所のことでもありません。

単に寝泊まりする場所というのではなく、暮らしを立てていくための拠点とする場所を指しています。

この場所に帰ることを「帰宅」といいます。

友人・知人宅は、友人や知人が暮らしをしている場所ですが、「帰宅」が意味する家は自分の家です。

そのため、友人・知人宅に行くことは「帰宅」ではありません。

どこから家に帰るのかは、意味に含まれていません。

スーパーから帰る、デパートから帰る、会社から帰る、旅行先から帰るなど、どのような場所からであっても、家に戻ることをいいます。

「帰宅」の使い方

自分の家に戻ることを指して使用します。

戻る場所は自分の家で、ホテル、旅館、知り合いの家などではありません。

家に向かうときの出発点はどこであっても、この言葉を使用できます。

「帰社」とは?

出先から自分が勤めている会社に戻ることです。

1日中社内で仕事をすることもあれば、会社の外に出て仕事をすることもあるでしょう。

得意先回りをしたり、出張したり、展覧会に出席したりなど、あると思います。

そういった会社の外から自分が勤めている会社に戻ることを「帰社」といいます。

会社から別の場所に出て、そして会社に戻ることをいいます。

家から会社に向かうことではありません。

また、戻る場所は自分が勤めている会社であり、他社ではありません。

「帰社」の使い方

外出している先から自分が勤めている会社に戻ることについて使用をします。

戻ることで出かけることには使用しません。

また、会社以外に戻ることには使用しません。

「帰宅」と「帰社」の違い

どちらの言葉にも「帰る」という意味が含まれており、この点が似ています。

しかし、どこに帰るのかという点に違いがあります。

前者の言葉は、家に帰ることを意味しています。

眠る、食べるなど、生きていくための拠点にしている場所です。

後者の言葉は、会社に帰ることを意味しています。

他社に向かうことではなく、自分が勤めている会社に戻ることです。

「帰宅」の例文

・『午後7時には帰宅します』
・『23時までには帰宅するように』
・『帰宅をしたら犬に部屋を荒されていてビックリした』
・『旅行先から明日帰宅します』

「帰社」の例文

・『帰社する時間が決まっています』
・『帰社する必要はなく、そのまま家に帰ってよい』
・『帰社するときに点検をする』
・『帰社する途中でコンビニに立ち寄る』

まとめ

どちらの言葉にも「帰」という漢字が使用されており、帰るという意味が含まれています。

違いは、どこに帰るのかということです。

自分が生活をしている場所、自分が働いている場所という違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い比較
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物