スポンサーリンク

「科学」と「技術」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「科学」と「技術」の違いとは?言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「科学」「技術」の違いを分かりやすく説明していきます。

同時に使われることも多い、「科学」「技術」には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「科学」とは?

「科学」とは?

「科学」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「科学」「かがく」と読みます。

「科学」は、「一定の目的や方法において、事象を研究する活動。

またそうして得た知識」
を意味します。

哲学や宗教、芸術などと区別する言葉で、「学問」と似た意味を持ちます。

また「科学」という言葉を使うとき、「自然科学」というジャンルだけを指すことも珍しくありません。

「自然科学」は、「自然に存在する様々な対象を取り扱い、法則性を明らかにする学問」のことを意味します。

「自然科学」の内訳としては、「物理学」「天文学」「化学」「生物学」などがあります。

「技術」とは?

「技術」とは?

「技術」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「技術」「ぎじゅつ」と読みます。

「技術」「物事を処理したり、取り扱うための、方法や手段。

さらにそのための技」
という意味があります。

例えば、野球で投手が投げるボールを、打つための方法や手段などを「バッティング技術」などと言います。

何かをするための方法や手段を指す言葉のため、「人に謝って許してもらう技術」「商品を売る技術」「告白させる技術」など、どのような方法や手段に対しても、「技術」という言葉を付けることができます。

また、「技術」には、「科学の研究成果を生かし、人間生活に役立させる方法」という意味もあります。

「先端技術の導入」「技術革命」などという使い方をします。

「科学技術」と呼ぶこともあります。

「科学」と「技術」の違い

「科学」と「技術」の違い

「科学」「技術」の違いを、分かりやすく解説します。

「科学」には「一定の目的や方法において、事象を研究する活動。

またそうして得た知識」
という意味があり、特に「自然科学」を意味することがあります。

一方の「技術」には「科学の研究成果を生かし、人間生活に役立させる方法」という意味があります。

「科学技術」という言葉があるように、20世紀になると「科学」「技術」として生かすという取り組みが盛んになっています。

「自然科学」の研究の成果を、実生活に応用する「技術」「科学技術」と呼びます。

このように「科学」が、自然から法則を見つけ出すための純粋な研究だとしたら、それを実生活に生かせるよう、応用するのが、「技術」ということになります。

このように「研究するのが科学」「応用するのが技術」という違いがあることを知っておきましょう。

まとめ

まとめ

「科学」「技術」の違いについて見てきました。

「科学」「純粋な研究」なのに対して、「技術」「実生活に生かせるようにすること」という意味がありました。

「科学」「研究」「技術」「応用」と区別してもいいかもしれません。

二つの言葉の意味を知り、使いわけられるようにしておきましょう。