「ツインスター」と「ツインレイ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ツインスター」と「ツインレイ」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ツインスター」「ツインレイ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ツインスター」とは?

「ツインスター」とは?

「ツインスター」とは同じ星のもとに生まれた者同士という解釈になります。

「ツインソウル」「ツインレイ」よりもめずらしい存在で、「ツインスター」同士が巡り合う可能性は低いとされています。

スピリチュアルの世界においては「ツインスター」が出会うと、大事件、戦争といったことが起こると解釈しています。

簡単に言いますと「ツインスター」同士は出会いますと「厳しい現実」を引き起こしてしまうことになります。

その為、めずらしく出会ってしまっても辛い恋愛になります。

また出会う時は社会的に混乱している時期になります。

「ツインレイ」とは?

「ツインレイ」とは?

「ツインレイ」とは、「ツインソウル」がさらに強まった存在だと解釈するとわかりやすくなります。

運命の相手、魂の片割れといった意味がありますが、出会った時に初対面ではない感覚が起こります。

また「ツインレイ」は異性であること、自分に似通った部分があることなどがあります。

大抵の場合、お互いに「運命的な出会い」という風にぴんとくるものです。

付き合っていて問題が多くなりますが、それを二人で乗り越えるという形になります。

離れるということができない、そのような関係性となります。

「ツインスター」と「ツインレイ」の違い!

「ツインスター」と「ツインレイ」の違い!

「ツインスター」「ツインレイ」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも自分の魂の片割れであるという点では共通点があります。

この二つの大きな違いとしては、「ツインスター」はこの世で出会いにくく、また出会ったとしても厳しい関係性になることが多いということです。

「ツインスター」の役割りはこの世を良くすること、世界を変えていくことにあります。

その為、出会ってしまう時は世の中が荒れている、問題が起こっているといった時期になりやすいのです。

すぐに付き合いは始まりますがなぜか「試練」が多いという状況になりやすいのです。

結果から言えば、添い遂げることは少ないかもしれません。

一方の「ツインレイ」ですが、こちらは「ツインソウル」がさらに強まったもので、「運命の人」「必ず添い遂げる」といった関係性になるとされています。

別れてもなぜかまたくっついてしまう、離れることが想像できない、そのような感覚が起こります。

まとめますと「ツインスターは存在していても出会う可能性は極めて低い」「ツインレイは運命の人、この世でただ一人、異性である」ということになります。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ツインスター」「ツインレイ」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらも存在人数は「一人」で自分の魂の片割れです。

ですが意味合いは違いますのでこの記事を読んで区別をつけてください。