「ディスクブレーキ」と「ドラムブレーキ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ディスクブレーキ」と「ドラムブレーキ」の違い 専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ディスクブレーキ」「ドラムブレーキ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ディスクブレーキ」とは?

「ディスクブレーキ」とは、「タイヤ(車輪)と一緒に回転するディスクローターをブレーキパッドで挟み込んで、摩擦力による制動力を利用するブレーキシステム」を意味しています。

「ディスクブレーキ」は、「ブレーキ液の液圧によるピストンでディスクローターを作動させる仕組み」になっています。

「ディスクブレーキ」は現在の自動車のブレーキの主流で、軽自動車から高級車まで前輪のブレーキに採用されていて、「制動力・放熱性」に優れています。

「ドラムブレーキ」とは?

「ドラムブレーキ」とは、「タイヤ内側にあるスチール製のドラムの中にブレーキシューを内蔵して、そのシューを圧力でドラム内周に接触させて制動力を生み出すブレーキシステム」を意味しています。

「ドラムブレーキ」も、「ブレーキ液の液圧によるピストンでブレーキシューを広げて接触させる仕組み」になっています。

「ドラムブレーキ」は初期の自動車のブレーキの主流でしたが、生産コストは安くなるものの、「制動力・放熱性」においてディスクブレーキよりも劣っています。

「ディスクブレーキ」と「ドラムブレーキ」の違い!

「ディスクブレーキ」「ドラムブレーキ」「自動車に採用されるブレーキシステム」という意味では共通していますが、それぞれの構造と長所・短所に違いがあります。

「ディスクブレーキ」とは「ディスクをブレーキパッドで挟み込む摩擦によって制動力を発生させるブレーキシステム」で、「ドラムブレーキ」「タイヤ内側のブレーキシューを、ドラムの内周に圧力で接触させることで制動力を発生させるブレーキシステム」である違いを指摘できます。

性能面では「ディスクブレーキ」のほうが「ドラムブレーキ」よりも「生産コスト」は高いのですが、「制動力・安全性・放熱性」に優れている特長を持っています。

まとめ

「ディスクブレーキ」「ドラムブレーキ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ディスクブレーキ」「車輪と一緒に回転するディスクをブレーキパッドで挟み込む摩擦で、制動力を発生させるブレーキシステム」を意味していて、「ドラムブレーキ」「車輪内側のブレーキシューを内側から外側へと圧着させて制動力を生み出すブレーキシステム」を意味している違いがあります。

「ディスクブレーキ」「ドラムブレーキ」の意味の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。