「差し押さえ」と「担保」の違いとは?意味を詳しく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「差し押さえ」と「担保」の違い 専門用語・業界用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「差し押さえ」「担保」は類似した意味を連想させる紛らわしい言葉ですが、「差し押さえ」「担保」の意味・使い方の違いを正しく理解できていますか?

この記事では、「差し押さえ」「担保」の例文も紹介しながら、それぞれの意味の違いを分かりやすく解説します。

「差し押さえ」の意味や使い方

「差し押さえ」という表現は、「国家権力を根拠として、私人の特定の財物・権利の自由な処分を禁止すること」「税金・罰金の滞納者などに対して、未払分に相当する財産を没収すること」 「強制執行して財物を没収すること」を意味しています。

「差し押さえ」の使い方は「所得税を滞納して通帳を差し押さえされました」のように、「税金滞納者の財産を強制的に没収する場合」に使うという使い方になります。

「担保」の意味や使い方

「担保」という表現は、「この先発生するかもしれない不利益(借金返済・ローン・家賃などの不払い)に備えて、あらかじめ損失補填できる準備をしておく」「債務不履行に備えてその代替となる不動産・保証人などを提供する」ということを意味しています。

「担保」には、「ある物事を保証する」といった意味合いもあります。

「担保」の使い方は「借金の担保として保証人が必要です」のように、「将来の債務不履行に対応するため、不動産・保証人などを提供する(させる)場合」に使うという使い方になります。

「差し押さえ」と「担保」の違い

「差し押さえ」「担保」の意味の違いを、分かりやすく説明します。

「差し押さえ」という言葉は、「国家権力によって、私人の特定の財物・権利の処分を禁止すること」「税金・罰金の滞納者などに対して強制執行して財産を没収すること」を意味しています。

それに対して、「担保」という言葉は「将来に発生するかもしれない不利益(ローン・家賃などの不払い)に備えて、前もって損失補填できるような準備をしておくこと」「ある物事を保証する」を意味しているという違いがあります。

「差し押さえ」「公権力によって、払うべきものを払っていない人の権利を制限したり財産を没収したりすること」に意味の重点がありますが、「担保」「これから先、相手が払うべきものを払わないリスクに備えて、その損失をカバーできる財産や保証人などを準備すること」に意味の重点があるという違いを指摘できます。

「差し押さえ」を使った例文と意味を解釈

「差し押さえ」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「住民税を長年にわたって滞納している市民の自動車や家電製品などを差し押さえしました」

この「差し押さえ」を使った例文は、「差し押さえ」の表現を、「長期に及ぶ住民税滞納の市民の自動車や家電製品などの処分を禁止して没収しました」という意味で使っています。

「担保」を使った例文と意味を解釈

「担保」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「3,000万円を借りるために、工場やそこで動かしている高額な機械類を担保として提供しました」

この「担保」を使った例文は、「担保」の表現を、「3,000万円の借金の債務不履行に備える手段として、工場や高額な機械類を提供した」の意味を持つ文章で使っています。

まとめ

「差し押さえ」「担保」の意味の違いを詳しく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「差し押さえ」というのは、「国家権力を根拠にして、特定の財物・権利について私人の処分を禁止すること、税金滞納者などに対して強制執行すること」を意味しています。

それに対して、「担保」という表現は「将来に生じるかもしれない不利益(不払い)に備えて、あらかじめ損失補填できる準備をしておくこと」「ある物事を保証する」の意味を持っています。

「差し押さえ」「担保」の意味の違いを知りたい時には、この記事の内容をチェックしてみてください。