スポンサーリンク

「成長」と「進化」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「成長」と「進化」の違いとは?言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「成長」「進化」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「成長」とは?

「成長」とは?

「成長」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「成長」「せいちょう」と読みます。

「成長」「人や動植物が育ち、大きくなることや大人になること」を意味します。

例えば、生まれたばかりの子供が、歩けるようになったのを見たとき、「子供が成長した」ということができます。

また、ひまわりの種を植えて、水を上げて育てていたら、夏になり大きな花を咲かすかもしれません。

このような時、「ひまわりが花を咲かせるまでに成長した」と言うことができます。

他にも、「経験が人を急速に成長させる」「成長期は、ご飯をたくさん食べる」などという文章にすることができます。

次に「成長」には「物事の規模が大きくなること」という意味があります。

例えば、飲食店を開いた後で、チェーン展開するほどになる場合は、「飲食店事業が成長する」と言います。

また、昭和のある時代に、日本の経済が大きくなった時、「高度経済成長期」と呼ばれました。

「進化」とは?

「進化」とは?

「進化」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「進化」「しんか」と読みます。

「進化」「生物が、条件や内部の発達などにより、次第に変化して、種や属の段階を超え、新しい生物が生まれること」という意味があります。

例えば、小型の哺乳類が、地球の環境の変化などにより、主や属の段階を超えていく様子を、「哺乳類の進化」などと呼びます。

「ダーウィンの進化論」なども、この「進化」の意味で使われています。

次に「進化」には「事物が進歩して、より優れたものや複雑になること」という意味があります。

例えば、携帯電話はどんどん優れたものや、複雑なものになり、現在はスマホになっています。

このような携帯電話の様子を「携帯電話がスマホに進化した」などと表現できます。

また、プロ野球選手が、どんどん優れた選手になっていくとき、「○○選手の進化が止まらない」などと言われます。

「成長」と「進化」の違い

「成長」と「進化」の違い

「成長」「進化」の違いを、分かりやすく解説します。

「成長」「人や動植物が育ち、大きくなることや大人になること」を意味します。

一方「進化」「生物が、条件や内部の発達などにより、次第に変化して、種や属の段階を超え、新しい生物が生まれること」という意味がありますこのように、「成長」は生物が大きくなったり、大人になることを意味するのに対して、「進化」は、生物が主や属を超えるような変化が起こることを意味します。

そのため、「A君が成長する」という文章よりも、「A君が進化する」という方が、A君に、急速で大幅な変化が見られるというニュアンスがあります。

このように、人がまるで別人のように「成長」するとき、「進化」と呼べるかもしれません。

まとめ

まとめ

「成長」「進化」の違いについて見てきました。

このように「成長」「進化」という2つの言葉の意味を知ることで、正しく使い分けることができるようになりそうです。