スポンサーリンク

「武将」と「武士」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「武将」と「武士」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「武将」「武士」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「武将」とは?

「武将」とは?

「武将」の意味と概要について紹介します。

意味

「武将」「ぶしょう」と読み、「軍隊を指揮する将軍であり、武芸に秀でたもののこと」という意味です。

ある程度身分があり、大名に使えていて、武道の技術や戦略知識、または人を引き付ける力に優れた者のことを言います。

概要

「武将」とは、「武道に優れた将軍」のことです。

具体的には「織田信長」「豊臣秀吉」「徳川家康」など、戦国時代の英雄がいます。

「武将」は、武士を始め、農民たちから成る足軽を統率する大名や家臣を表し、大勢の人を統率するリーダーシップを発揮できる存在でした。

「武士」とは?

「武士」とは?

「武士」の意味と概要について紹介します。

意味

「武士」「ぶし」「もののふ」と読み、「大名に仕え、武芸を身に付けて、戦に赴く役職のこと」です。

また、武力により領地を手に入れて統治した領主のことを言うこともあります。

概要

「武士」は、武芸を身に付けた士(男性)のことです。

具体的には「武田信玄」「上杉謙信」などがいます。

武士は元々自らの土地や財産を守る為に、武器を持って戦った男性が始まりと言われています。

それまで貴族政権だった日本に武士が現われ、鎌倉時代、室町時代、江戸時代において大名に使える身分となっていったのです。

「武将」と「武士」の違い!

「武将」と「武士」の違い!

「武将」は、「ある程度身分が高い武士で、大名に仕え、戦の時に群を統率する役割をした人」です。

「武士」は、「身分が低く、大名に仕えている男性であり、刀を身に付けている人」です。

まとめ

まとめ

「武将」「武士」は、役割に違いがあります。

歴史小説などを読んで違いを比べてみましょう。