スポンサーリンク

「戦う」と「闘う」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「戦う」と「闘う」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「戦う」「闘う」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「戦う」とは?

「戦う」とは?

「戦う」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「戦う」「たたかう」と読みます。

「戦う」には、「武力を用いて争う」という意味があります。

「戦争」「戦う」と表現することもあります。

「隣国と戦う」という場合は、隣の国と武力を用いて戦う、また隣国と戦争することを示唆します。

また、「戦う」には、「技量を競うため、勝負をする。

試合をする」
という意味があります。

スポーツの試合など、技量を競うための勝負をするとき、「戦う」という言葉を使うことになります。

例えば、ボクシングの試合に出場して、優勝候補の生徒と技量を競うために勝負するとき、「ボクシングの試合で、優勝候補と戦うことになった」などと言います。

また、クイズ大会に出場して、クイズの技量を試すとき、「クイズ大会で、その他の選手と戦う」などと言います。

このように、武器を用いたり、自分の力を使って、争ったり競争するとき、「戦う」という言葉を使うことになります。

「闘う」とは?

「闘う」とは?

「闘う」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「闘う」「たたかう」と読みます。

「闘う」「思想や利害が対立するものが、争うこと」という意味があります。

例えば、人種差別などにより、自分たちの権利を脅かされそうなとき、デモなどを用いて争うことになるでしょう。

このような場合は、「差別に屈せずに、デモ隊を率いて闘う」などと「闘う」という言葉を使って表現します。

また「闘う」には、「苦痛や障害を乗り越えようと努力すること」という意味があります。

例えば、重い病気を乗り越えようとする人に対して、「病気を克服するため、闘う」などと表現します。

「闘病」という言葉がありますが、病気を克服しようとする行為を指します。

「戦う」と「闘う」の違い

「戦う」と「闘う」の違い

「戦う」「闘う」の違いを、分かりやすく解説します。

「戦う」には、「武力を用いて争う」、また「技量を競うため、勝負をする。

試合をする」
という意味があります。

一方「闘う」「思想や利害が対立するものが、争うこと」、また「苦痛や障害を乗り越えようと努力すること」という意味があります。

このように、「戦う」は、武器などを使い、物理的に争うことを意味します。

一方で、「闘う」は、物理的に争うのではない、争いを意味する言葉と考えることができます。

例えば、「隣の人と戦う」という文章がありますが、「隣の人」は物理的に存在します。

一方、「権力と闘う」という場合、「権力」は意識の中に存在するもので、物理的にあるものではありません。

このように、「戦う」は物理的に存在するものと争うことを意味し、「闘う」は、物理的に存在しないものと争うことを意味する言葉となります。

まとめ

まとめ

「戦う」「闘う」の違いについて見てきました。

2つの言葉の意味の違いを知り、使い分けられるようにしましょう。