スポンサーリンク

「披瀝」と「披露」の違いとは?意味を詳しく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「披瀝」と「披露」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人とは自分の抱えている問題を1人で持ち続けていると、心が病んで精神的に疲弊してしまうものです。

その悩みを打ち明けることで、気持ちが晴れてくるのですが、このような時に使われるのが、「披瀝」という言葉です。

その一方で「披露」という言葉もあるのですが、これらの言葉は意味が似ているようで、解釈が結構違っています。

そこで、今回はこの「披瀝」「披露」の言葉をそれぞれ見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

「披瀝」の意味や使い方

「披瀝」の意味や使い方

「披瀝」は普段の生活の中や、ビジネスシーンでも使われることが少なくなった言葉ですが、「ひれき」という読み方をします。

意味は「心の中の考えを包み隠さずに打ち明けること」「心の奥底にとどめていた悩みや秘密を打ち明けること」という意味を持っています。

「本心を披瀝する」というような使い方になり、この場合の「本当の思いや気持ちを正直に打ち明ける」という解釈になります。

「披露」の意味や使い方

「披露」の意味や使い方

一方の「披露」「ひろう」という読み方になり、「公に発表すること」「文書などを開いて皆に見せること」という意味を持っています。

「披露」の典型的な活用例としては。

「結婚披露宴」が挙げられます。

「披瀝」と「披露」の違い

「披瀝」と「披露」の違い

では、これら「披瀝」「披露」の解釈の違いは、どのような点になるのでしょうか?

「披瀝」「心の中の考えを包み隠さずに打ち明けること」という意味で、「披露」「公に発表すること」を言っています。

「披瀝」には、それまで「意図的に隠していたことをオープンにする」というニュアンスがありましたが、「披露」には、その要素が含まれていません。

「披瀝」を使った例文と意味を解釈

「披瀝」を使った例文と意味を解釈

「披瀝」を使った例文を1つ挙げてみると、「長年、胸中 に抱き続けていた秘密をみんなに披瀝することになった」というような活用があります。

この例文では、何年も何十年も人に知られてはならない重大な秘密を、自分の心の奥にしまいこんで、苦しんでいたのですが、ここで仲間や友人、あるいは家族に「披瀝」することで、やっと心の重荷が消えていくのです。

「披露」を使った例文と意味を解釈

「披露」を使った例文と意味を解釈

「友人がコッサクダンスを披露して、出席者を大いに賑わせたのです。まさか、彼にあんな特技があったなんて驚きだ」

「披露」「公に発表すること」という意味がありますが、誰も知らない特技を「披露」することで、周囲の人を驚かせることになることもあります。

この例文でも、友人の意外な特技が分かり、すごく盛り上がったのかもしれません。

まとめ

まとめ

「披瀝」「披露」の2つの言葉の意味や使い方を紹介してきました。

「披露」「結婚披露宴」という言葉で、聞き慣れた言葉でしょうが、「披瀝」という言葉は、使われている漢字も珍しく、新鮮に感じる人もいるかもしれません。

今回の言葉を見て、このようなものがあることを認識すると同時に、日頃の生活の中でも当てはまりそうなシーンを見つけてみるのも、面白いでしょう。