スポンサーリンク

「会心」と「快心」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「会心」と「快心」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「会心」「快心」の違いを分かりやすく説明していきます。

2つの言葉には、どのような意味と違いがあるでしょうか。

スポンサーリンク

「会心」とは?

「会心」とは?

「会心」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「会心」「かいしん」と読みます。

「会心」は、「心にかなうこと。

期待通りに行って満足すること」
という意味があります。

「会心の笑みを浮かべる」というよく使われるフレーズには、自分が期待していた通りに物事が運んで、満足したときに笑顔を浮かべる様子を意味します。

例えば、購入した株が、その日のうちに2倍の値をつけたとき、「狙い通りに株価が上がり、会心の笑みを浮かべる」などという文章にすることができます。

また、「会心の友(かいしんのとも)」という言葉があり、「気心のよくあった友達」という意味があります。

「会心の友と、夜通しお酒の杯を酌み交わす」などという文章にできます。

さらに、RPGに登場することがある、技が狙い通りにはまり、相手に大ダメージを与える様子を「会心の一撃」と言い表すことができます。

このように、物事が期待通りに行って、満足するときなどに、「会心」という言葉を使ってみましょう。

「快心」とは?

「快心」とは?

「快心」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「快心」「かいしん」と読みます。

「快心」「気持ちの良いこと。

また良い気持ち」
という意味があります。

何かをしているときや、何かを見ているときなどに、気持ちよくなった時に使うことができる言葉になります。

例えば、野球の試合を見ているとき、応援しているチームが逆転勝利を収めた場合は、とても気分がいいのではないでしょうか。

このような時、「逆転勝利を見て、快心を得た」などと言います。

また、逆転勝利につながるホームランを打った選手がいた場合は、ホームランを打った瞬間気持ちが良いのではないでしょうか。

この場合は「快心のホームランを打った」などと心情を言葉にすることができます。

このように、気持ちがよくなった時などに、「快心」という言葉を使ってみましょう。

「会心」と「快心」の違い

「会心」と「快心」の違い

「会心」「快心」の違いを、分かりやすく解説します。

「会心」は、「心にかなうこと。

期待通りに行って満足すること」
という意味があります。

一方の「快心」「気持ちの良いこと。

また良い気持ち」
という意味があります。

どちらも何かを見たり、何かをしたときに、「気分がいい」ときの心の様子を表現する言葉になります。

ただし、「期待通り」に物事が進み、気持ちがいいと感じたときのみ、「会心」を使うという違いがあります。

このように、単純に、気持ちがいいと感じたときは「快心」を使ってみましょう。

一方で、「期待通り」「狙い通り」に物事が進んで気分がいい時は、「会心」という言葉を使うようにしましょう。

まとめ

まとめ

「会心」「快心」の違いについて見てきました。

2つの言葉の違いを知り、きちんと使い分けることができるようにしましょう。