「腐葉土」と「培養土」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「腐葉土」と「培養土」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「腐葉土」「培養土」はそれぞれの意味・特徴を混同されやすい園芸用の土の種類の名前ですが、「腐葉土」「培養土」の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「腐葉土」「培養土」の違いを分かりやすく解説していきます。

「腐葉土」とは?

「腐葉土(ふようど)」とは、「枯葉が発酵(腐敗)して土に還ったもの」「葉っぱを腐らせて作った園芸用の土(培養土に混ぜて使う土)」を意味しています。

「腐葉土」の特徴として、「ふかふかとして柔らかい・水持ちを良くする効果がある」ということが挙げられます。

「培養土」とは?

「培養土(ばいようど)」とは、「植物(野菜・花)を育てるためにちょうど良い比率で、赤玉土・バーミキュライト・砂などの各種の土を混ぜ合わせて完成させている土」を意味しています。

「培養土」の多くは、「業者がそれぞれの植物の特性に合わせて、園芸用・家庭菜園用に事前に各種の土を混ぜ合わせて作っている市販品の土」になります。

「培養土」は自分で各種の土を混合して作ることもできますが、一般的に業者が配合してくれたものを使うことも多くなっています。

「腐葉土」と「培養土」の違い!

「腐葉土」「培養土」の違いを、分かりやすく解説します。

「腐葉土」とは、「枯葉を発酵(腐敗)させて土に還らせたもの」「葉っぱを腐らせて作ったふかふかとした水持ちが良い園芸用の土(培養土に混ぜて使う土)」を意味しています。

それに対して、「培養土」とは、「植物(野菜・花)をスムーズに育てるためにちょうど良い比率で、赤玉土・バーミキュライトなどの各種の土を混ぜ合わせて完成させている土」を意味しているという違いがあるのです。

まとめ

「腐葉土」「培養土」の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「腐葉土」というのは、「葉っぱを発酵(腐敗)させて作った園芸用のふかふかとした水持ちが良い土」を意味しています。

それに対して、「培養土」というのは、「植物(野菜・花など)を培養して育てるためにちょうど良いと思われる比率で、赤玉土・砂・バーミキュライトなどの各種の土を混ぜ合わせたもの」を意味しています。

「腐葉土」「培養土」の意味の違いを詳しく知りたい時は、この記事の内容をチェックしてみてください。