スポンサーリンク

「運動靴」と「スニーカー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「運動靴」と「スニーカー」の違い衣装・ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「運動靴」「スニーカー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「運動靴」とは?

「運動靴」とは?

「運動靴」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「運動靴」「うんどうぐつ」と読みます。

「運動靴」「運動用の靴」という意味があります。

例えばテニスをするときに、テニスをするのに都合のいい形状をしている靴は「テニスシューズ」と言いますが、テニスも運動の一つのため、「運動靴」の一つと言えます。

同じように、ランニングのために、軽量化され、通気性が良くなっている「ランニングシューズ」も、ランニングが運動のため、「運動靴」と言えます。

子供用の「運動靴」は、体育の時間に履きます。

また、汚れても丸洗いで着て、すぐに乾かすことができる「運動靴」を、日常的に履いている子供も少なくありません。

クッション性の高いゴム底で、合成皮革などの素材で作られています。

一般的に「運動靴」と言った場合は、テニスシューズやランニングシューズよりも、子供向けのものを指す傾向があります。

「スニーカー」とは?

「スニーカー」とは?

「スニーカー」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「スニーカー」「sneakers」と英語表記します。

「スニーカー」「sneak(忍び寄る)」という言葉から派生しているとされ、会社員などが良く履く革靴とは違い、靴底がゴム底でクッション性が高いため、誰にも気づかれずに忍び寄ることができるということから名づけられました。

このように「スニーカー」「静かな靴」として売り出されたとされています。

天然皮革や合成皮革、キャンバス地やゴム底などによって作られていて、カジュアルファッションをするときの靴として幅広く履かれています。

プレミア価格がつくものもあり、プレミアスニーカーを狙い、強奪する人が現れるような事件も、時々起こります。

踝よりも下の高さのローカットのものや、踝を覆い隠す高さのなるハイカットのものもあり、さらには技術の粋を集めたソールを使ったハイテクの「スニーカー」もあります。

「運動靴」と「スニーカー」の違い

「運動靴」と「スニーカー」の違い

「運動靴」「スニーカー」の違いを、分かりやすく解説します。

「運動靴」「スニーカー」は基本的に同じようなものを指します。

ゴム底で走りやすく、丸洗いができるようなものを「運動靴」「スニーカー」と呼びます。

ただし、「運動靴」と言えば、子供向けの物を指すことが多く、一方の「スニーカー」は、おしゃれ目的の大人向けの「運動靴」を指す傾向があります。

本気でランニングをするために、軽量化された靴などは、「スニーカー」とは呼ばれにくい傾向があります。

ただし、スポーツにも使えるような高い機能を備えているものでも、おしゃれ目的で履かれる場合は、「スニーカー」と呼ばれる傾向があります。

まとめ

まとめ

「運動靴」「スニーカー」の違いについて見てきました。

2つの言葉の違いを知り、「運動靴」「スニーカー」を混同せずに、使いわけられるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
衣装・ファッション
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物