スポンサーリンク

「財布」と「ポーチ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「財布」と「ポーチ」の違い衣装・ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「財布」「ポーチ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「財布」とは?

「財布」とは?

「財布」とは、お札、小銭を入れる袋という意味になります。

素材は布、革、ビニールなど様々なものがあります。

「財布」という言葉を使った言い回しは、複数あります。

例えば「財布の口を締める」とは、節約するという意味になります。

「財布を握る」は、お金を出し入れする、管理する権限を握るという意味です。

また「財布の紐が堅い」とは、無駄なお金は出さない、使わないという意味合いとなっています。

「ポーチ」とは?

「ポーチ」とは?

「ポーチ」とは英語では“pouch”と綴ります。

意味は小物を入れる小さな袋のことで、形、素材など様々なものがあります。

一般的には小さめで、ファスナーがついているものを言います。

「化粧ポーチ」「ウエストポーチ」などと言い表しますが、何を入れても自由ですので、お菓子、文房具、お金など「ポーチ」に収納する人も多いでしょう。

「このポーチ、小銭を入れておくのにちょうどいい」「可愛いポーチを手縫いで作った」「細々としたものは、ポーチに小分けしておくと失くさなくていい」などと使います。

「財布」と「ポーチ」の違い!

「財布」と「ポーチ」の違い!

「財布」「ポーチ」の違いを、分かりやすく解説します。

「財布」「ポーチ」とどちらも、お金を入れて使うことができるという共通点があります。

ですが、言葉の意味が違いますのでふさわしい方を選び使うようにしましょう。

まず「財布」ですが、これは金銭を入れる袋、金入れという意味の言葉です。

実際、お金以外の物を入れて使う人はあるかもしれませんが、言葉としては、他の意味はないと覚えておきましょう。

一方の「ポーチ」ですが、こちらは小物を入れる小さな袋という意味になります。

小銭を「ポーチ」に入れて使う人もいますが、その場合は「ポーチ」「小銭入れ」と言い換えた方がわかりやすいでしょう。

まとめますと「財布は金銭を入れる袋」「ポーチは小物を入れる小さな袋」となります。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「財布」「ポーチ」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を正しく理解して使っていくようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
衣装・ファッション
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物