スポンサーリンク

「リクルートスーツ」と「喪服」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「リクルートスーツ」と「喪服」の違い衣装・ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「リクルートスーツ」「喪服」にはどの様な違いがあるのでしょうか。

ぞれぞれの概要についても紹介します。

スポンサーリンク

「リクルートスーツ」とは?

「リクルートスーツ」とは?

「リクルートスーツ」の意味と概要について紹介します。

意味

「リクルートスーツ」の意味は、「就職活動を目的として着用するスーツのこと」です。

学生が就職活動をする時に、企業からのイメージを良くすることを目的として着用するスーツのことを言います。

概要

「リクルートスーツ」とは“recruit suits”と書きますが、和製英語です。

“recurit”「人を採用する」という意味があることから使われる様になりました。

「就職活動専用」と目的が限定されている為に、一般のビジネススーツに比べて値段が安くなっています。

また、企業側に良いイメージを与えることも目的ですので、無地で紺色が殆どですが、稀に黒色のこともあります。

その為に入社してからしばらくの間しか着られず、買い直すという人も多いのです。

「喪服」とは?

「喪服」とは?

「喪服」の意味と概要について紹介します。

意味

「喪服」の意味は「喪の期間に着用する衣服のこと」です。

黒色の礼服やスーツ、女性の場合はワンピースやツーピースのことを言います。

概要

「喪服」は人の「喪」に対して着る衣服であり、色は「黒」と決まっています。

相手に対して哀悼の意を表すことから、他の色や柄物などはありません。

ツヤのない生地で仕立てられていて、男性は白のネクタイを付けます。

本来お通夜は平服で行くものでしたが、最近では喪服でお通夜に参列する人も増えています。

「リクルートスーツ」と「喪服」の違い!

「リクルートスーツ」と「喪服」の違い!

「リクルートスーツ」は、「就職活動専用に着用するスーツで、比較的安価で紺色が一般的」です。

「喪服」「喪の期間に着用する衣服で、黒に限定」されています。

まとめ

まとめ

「リクルートスーツ」「喪服」は全く目的が違います。

どちらも兼用することがない様にしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
衣装・ファッション
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物