スポンサーリンク

「パンツ」と「パンティー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「パンツ」と「パンティー」の違い衣装・ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「パンツ」「パンティー」は類似した下着の意味を連想させる区別しづらい二つの言葉ですが、「パンツ」「パンティー」の意味の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「パンツ」「パンティー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「パンツ」とは?

「パンツ」とは?

「パンツ」とは「ズボン・スカートの下に身に付ける下着」を意味していて、男性用の下着も女性用の下着も共に「パンツ」と呼ぶことができます。

一方で、「パンツ」には「下着ではない(外に見せて着る)ズボンやボトムス」という意味合いもあるため、イントネーションと会話内容によって意味が変わることがあります。

「パンティー」とは?

「パンティー」とは?

「パンティー」とは、「ズボン・スカートの下に身に付ける女性用の下着」を意味しています。

ただし、「パンティー」という言葉の響きには、「女性用の下着であることを強調する意図・女性用下着に興奮する性的ニュアンス」もあります。

そのため、一般的な会話において「パンティー」の言葉を使用する機会は少なく、不用意に男性が親しくもない女性に「パンティー」の言葉を使ってあれこれ質問するとセクハラになる恐れもあります。

「パンツ」と「パンティー」の違い!

「パンツ」と「パンティー」の違い!

「パンツ」「パンティー」の違いを、分かりやすく解説します。

「パンティー」「女性用の下着」を意味していて「男性用の下着」の意味で使われることは通常ありませんが、「パンツ」「男性用の下着・女性用の下着」のどちらにも使える一般的な言葉です。

しかし、「パンツ」には「下着ではない外に見せて着る各種のズボンやボトムス」の意味合いもあります。

そのため、「パンツ」の音声言語のイントネーションや会話の文脈によって「下着」なのか「ズボン」なのか意味が変わってくる「パンティー」との違いがあります。

また「パンティー」には「性的な興奮・刺激と相関するニュアンス」もあるため、恋人・夫婦・親しい異性などではない相手との一般的な会話において、「パンティー」という言葉を使用することはほとんどありません。

まとめ

まとめ

「パンツ」「パンティー」の意味の違いを詳しく説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「パンツ」というのは、「ズボン・スカートの下に身に付ける下着・男性用の下着も女性用の下着も含む」「下着ではないズボン(ボトムス)」などを意味しています。

それに対して、「パンティー」というのは「ズボンやスカートの下に身に付ける女性用の下着」「女性用の下着であることを強調した性的ニュアンスもある言葉」の意味を持っています。

「パンツ」「パンティー」の意味の違いを知りたい時には、この記事の内容をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
衣装・ファッション
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物