スポンサーリンク

「キャミソール」と「タンクトップ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「キャミソール」と「タンクトップ」の違い衣装・ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「キャミソール」「タンクトップ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「キャミソール」とは?

「キャミソール」とは?

「キャミソール」の意味と概要について紹介します。

意味

「キャミソール」「袖がなく、細い肩ひもで吊り下げて着るタイプの衣服のこと」という意味です。

概要

「キャミソール」は、主に女性の下着として使われ、身頃部分を細い肩ひもで吊るしたデザインのものを言います。

以前は「シュミーズ」と呼ばれていましたが、「キャミソール」の方がオシャレというイメージがあり、若い人の間で定着したのです。

丈の長さにより「ロングキャミソール」「ハーフキャミソール」に分れ、最近ではブラジャーと一体型になったものが販売され、下着というイメージはなくなりました。

夏場にブラジャーのラインが透けて見えるのを防止する役割がありましたが、最近ではアウターとして着る女性も増えてきています。

「タンクトップ」とは?

「タンクトップ」とは?

「タンクトップ」の意味と概要について紹介します。

意味

「タンクトップ」は、「ランニング型で、襟ぐりが広くデザインされたもの」という意味です。

概要

「タンクトップ」は、1枚の素材でできていて、型部分もある程度の幅があります。

元々は女性用の水着に似ていることから、「タンクスーツ」+「トップス」=「タンクトップ」と名付けられました。

基本的にはノースリーブと同じですが、上半身だけで、襟元がより広く開いてるデザインです。

動き易く、適度に露出度もある為に、トレーニングウェアやダンスウェアとして使われています。

また、重ね着のインナーとして着ることもあります。

「キャミソール」と「タンクトップ」の違い!

「キャミソール」と「タンクトップ」の違い!

「キャミソール」は、「袖がなく、肩ひもで吊り下げて着るデザインの服」です。

「タンクトップ」は、「ランニング型で、襟元が深く開いたデザインの服」です。

まとめ

まとめ

「キャミソール」「タンクトップ」は、肩から襟にかけてのデザインが違います。

夏にスポーツをしている女性のファッションをよく見比べてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
衣装・ファッション
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物