スポンサーリンク

「セーラー服」と「ブレザー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「セーラー服」と「ブレザー」の違い衣装・ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「セーラー服」「ブレザー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「セーラー服」とは?

「セーラー服」とは?

「セーラー服」の意味と概要について紹介します。

「セーラー服」の意味

「セーラー服」は、「海軍の軍服として着用されている、セーラーカラーと呼ばれる大きな襟が特徴の制服、日本では女子学生の通学服として使われていることが多い」という意味です。

「セーラー服」の概要

「セーラー服」は、元々は世界の海軍で軍服として着用されている制服です。

「セーラーカラー」という大きな襟がついているのですが、これは船の上で遠くの物音を聞き分ける際に、襟を立てて耳の後ろにあてることで、よく聞こえる様にする為だと言われています。

日本では女子学生の制服としてアレンジされる様になり、広く着用される様になりました。

現在ではアニメのコスチュームとして使われたり、コスプレとしてイベントに使われる様になっています。

「ブレザー」とは?

「ブレザー」とは?

「ブレザー」の意味と概要について紹介します。

「ブレザー」の意味

「ブレザー」は、「背広型のジャケットで、アウトポケットや、金属ボタンが特徴で、日本の学生の通学服として使われていることが多い」という意味です。

「ブレザー」の概要

「ブレザー」は、上着やジャケットの一種で、背広よりもカジュアルな仕立てになっていて、デザインが豊富です。

金属ボタンがついていたり、左胸にポケットが付いていて、学生の場合はエンブレムが付いているのが特徴です。

日本では男女を問わず学生の制服として採用されたり、スポーツチームの制服として使われています。

基本的には「紺ブレ」と呼ばれる「紺色」が多いのですが、最近ではイメージに合わせてカラーも豊富になっています。

「セーラー服」と「ブレザー」の違い!

「セーラー服」と「ブレザー」の違い!

「セーラー服」は、「元は海軍の軍服で、大きな襟の付いたデザインのトップス」です。

「ブレザー」は、「上着やジャケットの一種で、金属ボタンと左胸にポケットがあるもの」です。

まとめ

まとめ

今回は「セーラー服」「ブレザー」の違いをお伝えしました。

「セーラー服は海軍の軍服のデザイン」「ブレザーは背広型の上着」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
衣装・ファッション
スポンサーリンク
言葉の違いが分かる読み物