「ブラジリアンビキニ」と「ビキニ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ブラジリアンビキニ」と「ビキニ」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ブラジリアンビキニ」「ビキニ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ブラジリアンビキニ」とは?

「ブラジリアンビキニ」とは?

「ブラジリアンビキニ」とは、「ブラジルのビーチリゾート地でもあるリオデジャネイロを発祥とするブラジルで流行っている布面積の小さい独特な形状をしたビキニ」のことです。

「ブラジリアンビキニ」には、「一般的なビキニよりもショーツ(パンツ)の布面積が小さい・ふんどしのようなTバックでお尻の大部分が露わになる」という特徴があります。

女性のセクシーさや本来のスタイルを強く打ち出すことのできる水着ですが、陽気で遊び好きなラテン系のブラジル人に非常に人気があり、日本でも徐々に売れ始めているとも言われています。

「ブラジリアンビキニ」の起源は、アマゾン川流域の先住民のふんどしのような民族衣装である「タンガ」にあるとされます。

「ビキニ」とは?

「ビキニ」とは?

「ビキニ」とは、「1950年代のアメリカで命名されたとされる上と下が分かれたツーピース型(セパレート型)の女性用水着」のことです。

「ビキニ」は、「ブラジャーとショーツ(パンツ)が分かれたツーピース型の露出部分が多めになる女性用水着」です。

「ビキニ」は、自分のスタイルの良さをビーチで見せたい若い女性に人気のある水着ですが、その名前は原水爆実験が行われた「ビキニ環礁」に由来するとされています。

「ブラジリアンビキニ」と「ビキニ」の違い!

「ブラジリアンビキニ」と「ビキニ」の違い!

「ブラジリアンビキニ」「ビキニ」の違いを、分かりやすく解説します。

「ブラジリアンビキニ」も女性用水着であるビキニの一種ですが、「ビキニ」よりもさらにショーツ(パンツ)部分の布面積が小さいビキニのことを意味しています。

「ビキニ」は1950年代のアメリカで生まれたとされますが、「ブラジリアンビキニ」はブラジルのリオデジャネイロで開発・普及したとされる水着です。

「ブラジリアンビキニ」のほうが「ビキニ」よりもショーツの布面積が小さいため、ヒップ部分の露出が必然に多くなり、(ある程度のスタイルの良さがあれば)ヒップと脚のラインがより綺麗に見える違いがあるのです。

まとめ

まとめ

「ブラジリアンビキニ」「ビキニ」の意味の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ブラジリアンビキニ」というのは、「ブラジルで生まれた独特の形状のビキニ・ヒップ部分の布面積が一般的なビキニよりも小さくてヒップと脚を綺麗に見せてくれるビキニ」を意味しています。

「ビキニ」とは、「胸と腰だけを布で覆うツーピース型(上と下が分かれた型)の女性用水着の一種」を意味しています。

「ブラジリアンビキニ」「ビキニ」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。