「ワイシャツ」と「ブラウス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ワイシャツ」と「ブラウス」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ワイシャツ」「ブラウス」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ワイシャツ」とは?

「ワイシャツ」とは?

「ワイシャツ」の意味と概要について紹介します。

意味

「ワイシャツ」は、「主に男性が背広の下に着る衣服で、前開きで襟がしっかりとしていて、カフスが付いているもの」という意味です。

ビジネススーツの下に着て、ネクタイを着用する時のシャツです。

概要

「ワイシャツ」の語源は“white shirt”(白いシャツ)が日本語化した言葉で、和製英語です。

英語では“dress shirt”と言います。

昔のヨーロッパでは下着として着られていたもので、現在でもその名残りで前後の身ごろが長くなっていて、股間をカバーできる様になっています。

昔は「ワイシャツ」「白」が多かったのですが、現在では色が付いた「ワイシャツ」を着る男性が増えています。

「ブラウス」とは?

「ブラウス」とは?

「ブラウス」の意味と概要について紹介します。

意味

「ブラウス」は、「主に女性や子供が着用する衣服で、ゆったりとしていてデザインが豊富なもの」戸いう意味です。

デザインや柄が豊富で、オシャレを楽しめます。

概要

「ブラウス」は、英語の“blouse”が日本語化した言葉です。

女性や子供がスカートと合わせて上半身に着用する衣服で、襟ぐりが広くシルエットもゆったりとしているものが多くなります。

レースやフリルなどが付いたものも多く、袖も「半袖・七分袖・パフスリーブ・フレンチスリーブ・ノースリーブ」など様々なデザインがあります。

女性用として、左ボタンのものが殆どです。

「ワイシャツ」と「ブラウス」の違い!

「ワイシャツ」と「ブラウス」の違い!

「ワイシャツ」は、主に男性がスーツの下に着用する衣服で、襟がしっかりとしていて右ボタンです。

「ブラウス」は、主に女性が着用する衣服で、襟がゆったりとしていて色やデザインが豊富、左ボタンです。

まとめ

まとめ

「ワイシャツ」「ブラウス」は、性別や目的がはっきりとしています。

かっちりとしたのが「ワイシャツ」、ソフトなデザインが「ブラウス」と使い分けましょう。