「ゴーグル」と「メガネ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ゴーグル」と「メガネ」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ゴーグル」「メガネ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ゴーグル」とは?

「ゴーグル」とは?

「ゴーグル」とは、目の保護の為に顔に着用する、透明、または何かしらの透過色となっているレンズが使われている道具です。

工業や工作などにおいて、その必要がある時にかけるものや、スポーツ用のものもあり、片目ごとに2つのレンズに分かれているものや、両目が1つのレンズの場合など、それぞれ様々な形状となっています。

水泳用のものは「スイミングゴーグル」、スキー用であれば「スキーゴーグル」と呼ばれ、前者は、目に水が入らないように到着するもので、後者は、スキーにおいて滑走時に雪や風が目に入るのを防ぐ為に用いられます。

偏光レンズとなっているものは、サングラスの代わりになり、先のスキー用のものは、それによって雪焼けを防ぐ意味も兼ねています。

「メガネ」とは?

「メガネ」とは?

「メガネ」は、視力の矯正の為に顔に着用する道具で、医療機器の1つという扱いにもなります。

両目が2つのレンズに分かれている為、それぞれ「度」が違う場合にも対応でき、透過色のレンズが使われる場合もあります。

特に度が入っていない、ファッション用の「伊達メガネ」というものもあり、サングラスは日光の眩しさ避けに着用するものですが、それと度を組み合わせることも可能で、基本的にすぐに着脱ができるように作られています。

「ゴーグル」と「メガネ」の違い

「ゴーグル」と「メガネ」の違い

「ゴーグル」「メガネ」の違いを、分かりやすく解説します。

「ゴーグル」は、仕事に使われるものから、スポーツ用、更には深海用といった本格的なものまで、色々な種類のものが存在します。

簡単に着脱できるものもありますが、バンドで括り付けるようなタイプも多く、種類によって見た目も大きく違います。

「メガネ」は、どのタイプも見た目は似たようなもので、度が入らないファッション用のものや、サングラスと呼ばれるものもありますが、基本的には視力の矯正用の道具だと考えておいていいでしょう。

まとめ

まとめ

「ゴーグル」「メガネ」は、このように違います。

共に両目の為に着用するものですが、用途が異なる存在です。