スポンサーリンク

「差し当たり」と「とりあえず」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「差し当たり」と「とりあえず」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「差し当たり」「とりあえず」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「差し当たり」とは?

「差し当たり(さしあたり)」とは、「将来のことを深く考えずに、今のところは(今しばらくの間は)」「先で変わるかもしれないが、今現在に限って対応すること」を意味している表現です。

例えば、「差し当たり、やらなければならないことをやります」「差し当たりましては、貴社の企画書をお送り下されば幸いです」などの文章で、「今のところは・今現在の対応としては」という意味のニュアンスで使われます。

「とりあえず」とは?

「とりあえず」とは、「他のことをさしおいて、まず第一に対応すること」を意味している表現です。

また「とりあえず」には、「十分に考えた上で対応する前に、暫時的にやってみること」といった意味合いもあります。

例えば、「とりあえず、試験を受けるだけ受けてみます」「とりあえず、今は仕事に集中します」といった例文で使えます。

「差し当たり」と「とりあえず」の違い!

「差し当たり」「とりあえず」の違いを、分かりやすく解説します。

「差し当たり」「とりあえず」「十分に考え抜かれた対応をしない」という意味合いは共通していますが、「差し当たり」という表現は「将来のことを十分に考えずに、今のところは」を意味しています。

「差し当たり」「将来よりも現在を優先して対応すること」を意味していますが、「とりあえず」という言葉は「他の事柄はさしおいて第一に対応すること」を意味している違いがあります。

そのため、「今現在を優先して対応する場合」には「差し当たり」を用いて、「他のことをさしおいてまず第一に取り組んでみる場合」には「とりあえず」を用いるという違いを指摘できます。

まとめ

「差し当たり」「とりあえず」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「差し当たり」とは「先のことは深く考えずに、現在の物事に限って対応すること」を意味していて、「とりあえず」「十分な対応は後回しにして、第一に対応すること」を意味しているという違いがあります。

「差し当たり」「とりあえず」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物