スポンサーリンク

「私事」と「私議」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「私事」と「私議」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

同じ「私」を用いた言葉。

「私事」「私議」

この記事では、「私事」「私議」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「私事」とは?

「私事」とは?

「私事」は、「わたくしごと」または「しじ」と読みます。

意味は、公的ではなく、自分個人に関係している事柄といった意味があります。

私自身に関係していること、私生活、といった意味となり、「私事」を用いる場合は、個人的なことなので公にするつもりはない、したくはない、秘密にしている、といった意味が含まれます。

「私事」と同じような意味を持つ言葉には、「自己都合」「一身上の都合」「個人的な事情」「家庭の事情」「プライベート」などがあり、対義語は「公事」です。

「私事」の使い方

「自分自身の都合で」といった使い方が多くなる「私事」

そのため、「私事ですが」「私事で恐縮ですが」「私事になりますが」「私事で申し訳ありませんが」などといった形で用いられることが多くなります。

「私議」とは?

「私議」とは?

「私議」は、「わたくしぎ」または「しぎ」と読みます。

意味は、自分ひとりの意見や個人的な意見となります。

その意味から通常、「私個人のこと」といった意味で用いられています。

日常会話などで用いられる言葉ではなく、少しかしこまった場所で、「私個人のこと」といった意味で「私議」が用いられています。

「私議」と同じような意味を持つ言葉には、「プライベート」「個人の事情」「個人的な都合」などがあります。

「私議」の使い方

かしこまった場所で用いることとなる「私議」

退職届などで用いることが多く、「私議、恐れ入りますが」「私議、退職いたしました」などといったように会話ではなく、文章で用いられる言葉となります。

「私事」と「私議」の違い

「私事」と「私議」の違い

「私事」「私議」も、個人的なこと、といった意味では同じ意味を持つ言葉です。

そのうえで、日常的に用いられる言葉が「私事」

かしこまった場所で用いられる言葉が「私議」といった違いがあります。

また、「私事」は口語表現として用いられることが多くなりますが、「私議」は文語的に用いられる言葉といった違いがあります。

同じ意味を持つ言葉ですが、用いる場面などに応じて使い分けるといった違いがあります。

「私事」の例文

「私事」の例文

・『私事で大変、恐縮ですが、その日は有休を頂いているため対応させて頂くことができません』
・『私事ですが、この度、結婚することになりました』
・『この日は、私事で早退させて頂きたいのですが大丈夫でしょうか』
・『この度は、私事にあなたを巻き込んでしまい、本当に申し訳ないと思っています』

「私議」の例文

「私議」の例文

・『私議、一身上の都合で、今月いっぱいで退職させて頂きます』
・『私議、この度、部長に昇進させて頂きました』
・『私議、来月から○○支店に異動となりました』
・『私議、来月より新規プロジェクトのリーダーを就任させて頂きます』

まとめ

まとめ

以上が「私事」「私議」の違いです。

場面に応じて、的確に使い分けることが求められる言葉となります。