スポンサーリンク

「ちょっぴり」と「ちょっと」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ちょっぴり」と「ちょっと」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ちょっぴり」「ちょっと」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ちょっぴり」とは?

「ちょっぴり」とは?

数・量・程度などがわずかであるさまです。

わずかとはどれくらいなのか、何個、何センチ、何グラムなどの具体的な意味は含まれていません。

食べものの辛さで説明をします。

この料理には、唐辛子がひとふり入れられています。

辛いものが平気な人なら、この辛さのていどはわずかに感じることでしょう。

普段辛いものを食べ慣れていない人、辛いものが苦手な人だと、この量をすごく辛いと感じるかもしれません。

「ちょっぴり」が意味するのは、前者のさまです。

人によって感じ方が違うので、ある人にはわずかに感じられても、ある人にはそうでないように感じられることがあります。

今度は旅行気分のことで説明をします。

ある飲食店では、内装を韓国風にして、提供する料理を韓国風にしています。

この店に足を踏み入れると韓国に来たような気分になり、料理を食べればさらにその気分が高まります。

しかし、実際に韓国に行ったわけではないので、韓国旅行を実際にしたときよりは、その気分の程度はわずかです。

これを「ちょっぴり旅行気分」といいます。

「ちょっぴり」の使い方

数・量・程度などに使う言葉です。

わずかであることを意味します。

「ちょっと」とは?

「ちょっと」とは?

「ちょっと」には4つの意味があります。

1つめは、数・量・程度・時間などがわずかであることです。

何個、何グラム、何分なのか、具体的な数値は意味に含まれていません。

たとえば、5分くらい昼寝をすることは「ちょっと昼寝をする」といいます。

2つめは、その行動が手軽であるさまです。

「ちょっとそこまで買い物」といった使い方をします。

この場合、買い物という行為を軽い気持ちで行っていることを意味します。

3つめは、相当のところまでいっているものであるさま、けっこうです。

「ちょっと名の知れた人」のような使い方をします。

わずかにしか知られていないという意味ではなく、それなりに知られているという意味です。

4つめは、後に打消しの語を伴って、難しいさまです。

「ちょっとわかりません」といった使い方をします。

「ちょっと」の使い方

いくつもの意味がありますが、数・量・程度などについては、わずかという意味で使用をします。

後に打消しの語が伴う場合は、困難という意味で使用をします。

「ちょっぴり」と「ちょっと」の違い

「ちょっぴり」と「ちょっと」の違い

「わずか」という意味が似ています。

大きな違いはないのですが、「ちょっぴり」の方が「ちょっと」よりも量や数などが少ないときに使われる場合があります。

「ちょっぴり」の例文

「ちょっぴり」の例文

・『ちょっぴりサイズが小さい』
・『ちょっぴり悲しい』
・『ちょっぴり笑えた』
・『かわいいけれどちょっぴりダーク』

「ちょっと」の例文

「ちょっと」の例文

・『ちょっと怪しい』
・『ちょっといいですか』
・『ちょっと寒い』
・『ちょっと早く起きた』

まとめ

まとめ

わずかという意味が似ていますが、使い方に違いがあります。