「返品」と「交換」の違いとは?意味を詳しく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「返品」と「交換」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「返品」「交換」は似たような意味をイメージさせる混同しやすい言葉ですが、「返品」「交換」の意味の違いを正しく理解できていますか?

この記事では、「返品」「交換」の意味の違いを詳細に解説していきます。

「返品」の意味や使い方

「返品」という言葉は、「いったん購入した商品・品物をお店(販売者)側に返すこと」「買った商品をお店に返して返金や交換をしてもらうこと」を意味しています。

「返品」には、「小売業者が一度仕入れた品物を卸業者に返すこと」の意味もあります。

「返品」の表現の使い方は、「購入してから8日後まで返品を受け付けます」のように、「一度購入した商品を返すこと」を意味して使うという使い方になります。

「交換」の意味や使い方

「交換」という言葉は、「ある物と別の物を取り換えること・お互いに物品を介してやり取りすること」を意味しています。

「交換」には、「当事者がお互いにお金以外の財産権の移転について約束する契約」といった民法上の意味合いもあります。

「交換」の表現の使い方は、「消耗品のブレーキパッドは定期的に交換が必要になります」のように、「ある物と他の物を取り換える場合」に使う使い方になります。

「返品」と「交換」の違い

「返品」「交換」の意味の違いを、分かりやすく解説していきます。

「返品」という言葉は、「一度買った商品(品物)をお店に返すこと・商品をお店に返して代金も返してもらうこと」を意味しています。

「返品」には、「いったん仕入れた品物を卸売業者に戻すこと」の意味合いもあります。

それに対して、「交換」という言葉は「ある品物と別の品物を取り換えるやり取りをすること」「当事者がお互いに金銭ではない物の財産権の移転を約束する民法上の契約」を意味しているという違いを指摘することができます。

「返品」を使った例文と意味を解釈

「返品」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「お買い上げになられた商品に不良品・商品の破損・汚れなどがありましたら、返品を受け付けさせて頂きます」

この「返品」を使った例文は、「返品」の表現を、「お買い上げになられた問題のある商品を、当社に返すこと(お客に商品を返してもらい、代わりの良品と交換したり代金を返金したりする対応)を受け付けさせて頂きます」という意味合いで使っています。

「交換」を使った例文と意味を解釈

「交換」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「冬になると近隣の道路が凍結する恐れがあるので、車のタイヤをスタッドレスタイヤに交換しました」

この「交換」を使った例文は、「交換」の表現を、「車のタイヤをスタッドレスタイヤに取り替えました」の意味を持つ文章で使っています。

まとめ

「返品」「交換」の意味の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか? 「返品」という表現は、「一度購入した商品(品物)をお店(販売者)に返すこと・商品をお店に返して返金してもらうこと」「一度仕入れた品物を卸業者に返すこと」を意味しています。

それに対して、「交換」という表現は「あるものと別のものを取り換えること」「当事者がお互いに金銭以外の財産権移転に同意する契約」を意味しています。

「返品」「交換」の意味の違いを詳しく調べたい時には、この記事の内容をチェックしてみてください。