「引っ越し祝い」と「新築祝い」の違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「引っ越し祝い」と「新築祝い」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「引っ越し祝い」「新築祝い」の違いを分かりやすく説明していきます。

「引っ越し祝い」とは?

「引っ越し祝い」とは、新築ではないものの、中古物件を手に入れて引っ越した際に贈るお祝いのことです。

また賃貸から賃貸に引っ越す場合、新生活の為、出世した転勤したなどという理由があれば「引っ越し祝い」としてお祝いすることもあるでしょう。

またお祝いはお金や品物など、その人との関係性で何を贈るかは変わってくるものですが、知人、友人、同僚といった間柄であれば5000円から1万円程度が相場となっているようです。

兄弟、親戚といった場合はもう少し金額が多くなります。

ただ、相手が目上の方の場合はお金、金券を贈るのは失礼という見方もある為、避けた方がいいという意見もあります。

「新築祝い」とは?

「新築祝い」とは、新しく家を建てた、新築マンションを購入した、会社、店舗など新築したといった場合にお祝いを贈ることを言います。

金額の相場は相手との関係性にもよりますが、友人、同僚といった場合は5千円から1万円程度が多いようです。

兄弟、親戚などになりますと金額はもっと多くなります。

お金、金券、もしくは本人が喜ぶ品物などを贈りますが、目上の方に対してはお金、金券は失礼にあたるという見方もありますので避けた方がいいでしょう。

お花、食品、消耗品など品物をおすすめします。

「引っ越し祝い」と「新築祝い」の違い!

「引っ越し祝い」「新築祝い」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも、引っ越しをした際に贈るお祝いのことです。

違いは「新築祝いは新しく建てる、新築物件を購入した場合」「引っ越し祝いは中古物件を購入、もしくは賃貸から賃貸へ引っ越した場合」となります。

どちらの場合は、目上の方へ贈る場合は現金、金券などは避けた方がいいとされています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「引っ越し祝い」「新築祝い」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

言葉の違いを理解して、混同しないように気をつけてください。