「5w1h」と「6w2h」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「5w1h」と「6w2h」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「5w1h」「6w2h」とは、ゲーム用語ではありません。

一体どの様な意味なのか、2つの違いについて紹介します。

「5w1h」とは?

「5w1h」は、英語や国語の文法として習う言葉で、「誰が:Who」「いつ:When」「どこで:Where」「何を:What」「なぜ:Why」「どのように:How」という言葉の英語での頭文字を取ったものです。

「5w1h」は、相手に自分の思った事や事実などを伝える時に、これらのキーワードを意識することでより明確に伝えられるという技法のことです。

実際に一つの文章に全ての要素を盛り込むのではなく、文章やスピーチを作成する上で、これらの要素を起承転結に添って使うことになります。

「6w2h」とは?

「6w2h」は、「5w1h」を基本として、「誰に:Whom」「幾つ:How many」「どれ位:How much」という要素を加えたものです。

ビジネスなどで、誤解を防ぎたい内容の場合、より正確に伝えられます。

会議で人に説明する時や、上司に報告をする時に「6w2h」を意識することで、よりコミュニケーションがスムーズになるのです。

「5w1h」と「6w2h」の違い!

「5w1h」「6w2h」の違いは以下の通りです。

一般的な作文の場合

国語の作文や英作文の場合、より簡潔な文章で相手に主旨を伝えることが大切です。

「5W1H」はものごとの状況を描写する基本形であり、学業としての作文にはこちらが使われます。

ビジネスの場合

ビジネスでは、相手にどこまで正確に情報を伝えるかが重要になります。

特に収益が絡むことについては、金額や個数など、数字に関する表現は必須になります。

ビジネスでのやり取りにおいては「6w2h」が主に使われるのです。

まとめ

「5w1h」「6w2h」は、相手に情報を伝えるコミュニケーションスキルです。

人前で説明をしたり、文章を書く時に意識してみましょう。