スポンサーリンク

「比較的」と「相対的」の違いとは?意味を詳しく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「比較的」と「相対的」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「比較的」「相対的」は類似した意味を持っている混同しやすい言葉ですが、「比較的」「相対的」の意味の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、「比較的」「相対的」の意味の違いを詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

「比較的」の意味や使い方

「比較的」の意味や使い方

「比較的」という表現は、「あることと他のことを比べてみて、どちらかといえば」「他の同種の物事や一般の基準と比べてわりと、わりあい」ということを意味しています。

「比較的」というのは、「あるものと他のものを比べてみた時の曖昧な状態・どちらかといえば~といえるさま」のことを意味している表現なのです。

「比較的」の表現の使い方は、「比較的、簡単な道を選びました」のように、「二つのものを比べてみて、どちらかと言うと(わりあい)」の意味合いで使えるという使い方になります。

「相対的」の意味や使い方

「相対的」の意味や使い方

「相対的」という表現は、「ある事柄を他の事柄と比べて、その差異(違い)に注目することによって、ある事柄の位置づけ(価値・意味)を認識する」ことを意味しています。

「相対的」というのは、「他のものに依拠しないような絶対的なものではないこと(他との比較・関係によって位置や意味が生まれるさま)」を意味する表現です。

「相対的」の表現の使い方は、「二人の学力や成績の差は相対的なものです」のように、「二つの人・物を比べて、その違いで立ち位置が生まれる場合」に使うという使い方になります。

「比較的」と「相対的」の違い

「比較的」と「相対的」の違い

「比較的」「相対的」の意味の違いを、分かりやすく解説していきます。

「比較的」という表現は、「あるものと他のものを比べてみて、どちらかといえば」「他の物事や一般的基準と比べてわりと・わりあい」ということを意味しています。

それに対して、「相対的」という表現は「ある物事を他の物事と比べて、その差異に着目することで、ある物事のスタンスや価値を理解する」「他の事柄から独立した絶対的なものではないこと」を意味しているという違いがあります。

「比較的」「相対的」と比べると、「二つのものを比較してどちらかと言うと、わりと」に意味の重点があるという違いを指摘できます。

「相対的」は、「絶対的ではなく他との比較や関係で位置づけ・意味が決まってくる」という意味のニュアンスが強い言葉です。

「比較的」を使った例文と意味を解釈

「比較的」を使った例文と意味を解釈

「比較的」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「比較的暖かい地域に引越しをしたいと思っています」

この「比較的」を使った例文は、「比較的」の表現を、「比べてみてどちらかといえば、暖かい地域に引越しをしたいと思っています」の意味で使っています。

「相対的」を使った例文と意味を解釈

「相対的」を使った例文と意味を解釈

「相対的」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「彼はどんな物事に対しても相対的な見方をするので、客観的ですが彼自身の考えは分かりにくいのです」

この「相対的」を使った例文は、「相対的」の表現を、「彼はどんな物事に対しても他と比べた上でその違いに着目した見方をするので(絶対的な見方・主張はしないので)」という意味を持つ文脈で使っています。

まとめ

まとめ

「比較的」「相対的」の意味の違いを分かりやすく解説しましたが、いかがだったでしょうか?

「比較的」という言葉は、「ある事柄と他の事柄を比べてどちらかといえば」「他の同種のものや一般的な基準と比べてわりと(わりあい)」を意味しています。

それに対して、「相対的」という言葉は「ある物事を他の物事と比べて、その差異(違い)に注目することによって、あるものの立ち位置や価値を認識すること」「絶対的ではないこと」を意味しています。

「比較的」「相対的」の意味の違いを調べたい時には、この記事の内容を詳しく確認してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物