スポンサーリンク

「控えめ」と「謙虚」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「控えめ」と「謙虚」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「控えめ」「謙虚」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「控えめ」とは?

「控えめ」とは?

人の前で自分の言いたいことを抑えて、でしゃばらないことを意味するのが「控えめ」という意味になります。

気取りもなく、人の前でも飾らないその姿は慎ましく、いい印象に見えて好感度が上がります。

相手の行動を見て振舞う行動も、その場の空気をよく読んで動けるところが素敵だと思わせますし、嫌味がない人と思わせるところは同性からも気に入られるところです。

使い方としては「控えめな対応」「控えめな態度」といかに慎み深い対応ができ、身の程をわきまえての接し方ができるかを言い表せる言葉になります。

「謙虚」とは?

「謙虚」とは?

慎ましく、控えめな話し方や行動ができるその行動を「謙虚」【けんきょ】と言います。

人に対して屁理屈を言うこともなく、相手の意見を受け入れて、その通りに行動できる者を「謙虚な人」と言い表し、素敵だと褒めるときに使うわけです。

大人の対応ができる「謙虚」な人は周囲が静かにしていれば自分もそのようにすぐ対応ができますし、ここでは意見してはいけないなと感じれば控えられます。

また、たとえ自分の地位が高い者であったとしてもひけらかさず、優れた能力を持っていてもおごることなく人と接し、「実に謙虚な対応の仕方だ」と人から尊敬されます。

「控えめ」と「謙虚」の違い

「控えめ」と「謙虚」の違い

「控えめ」「謙虚」の違いを、分かりやすく解説します。

言いたいことがあってもすぐに口にするのではなく、相手の様子を見てからどのように話せばいいかを読み取る能力がある人のことを「控えめ」と言い、一方の「謙虚」は相手の意見や行動を受け入れて、同じことができる慎ましい人のことを指すという違いあります。

また、感情のおもむくままに行動せず、落ち着いた行動ができるのが「控えめ」な人で、発言を抑えられ、周囲とうまく話を合わせられるのが「謙虚」な人の特徴という違いも見られます。

「控えめ」の例文

「控えめ」の例文

「控えめ」な人の特徴は自分の感情をうまく抑えられるところが素晴らしい。

・派手に喧嘩するよりも、話し合って問題を解決できるのが「控えめ」な人に見られる特徴だ。

感情的に物事を決めるだの、行動せず、喧嘩しても話し合いで静かに問題を解決できるのが「控えめ」な人の特徴で、うまく怒りを抑えられるところが周囲の人を驚かせるところでもあります。

「謙虚」の例文

「謙虚」の例文

・私の母親は書道の師範だが、そのことをひけらかさず「謙虚」な立ち振る舞いができる人だ。

「謙虚」な人の特徴は自分に対して関心を向けるのではなく、周囲へ優先的に向ける。

たとえ書道の師範であっても、その地位と立場をひけらかさず、自慢することなく慎ましい態度で対応できるところがありますし、関心を向けるのは他人に対してであり、自分は後回しにするところが普通の対応する人とは違います。

まとめ

まとめ

どちらも自分の方がズカズカと人前に出て勢いよく発言することがなく、その場の空気を読み取り、適切な行動ができるのが「控えめ」「謙虚」な人の特徴です。

落ち着いた行動ができる「控えめ」「謙虚」な人になりたいなら、今の行動を見直し、周囲の行動を読み取れる人になってみましょう。