「人見知り」と「引っ込み思案」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「人見知り」と「引っ込み思案」の違い 言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「人見知り」「引っ込み思案」は、似ているようで異なる意味の言葉です。

「人見知り」とは?

「人見知り」とは、常に人の目が気になってしまい、その為にいつもの自分ではなくなってしまうという性格を意味します。

その為、人前だと萎縮してしまう、まともに話すことができないなどと解釈して用いられることが多く、「あの人は人見知りだから、一人で発表させるのは無理だよ」のような使われ方になります。

正式には「神経症性人見知り」と表現され、疾患という訳ではありませんが、この克服はそんなに簡単でもないと言われています。

それは、人生経験から形成されてしまった性格だと考えられている為ですが、生まれつきのものではないので、その後の生活やカウンセリングなどによって、ほとんどそうではなくなることも少なくありません。

「引っ込み思案」とは?

「引っ込み思案」は、言い換えると「積極がない」性格のことです。

よって、自らすすんで発言や行動ができない、言いたいことがあってもなかなか言い出せないといった人がこのように表現されます。

どんなことにも積極的であればいいという訳でもありませんが、この性格の為に損をすることも多く、できれば解消したいと考えている人も多いでしょう。

「人見知り」と同様に、その為のカウンセリングが開催されていたり、スピリチュアルの入門講座にも「人見知り」の為のものが用意されていることが多くなっているので、治したいと考えている人はそういったものを利用するのもいいかも知れません。

「人見知り」と「引っ込み思案」の違い

「人見知り」「引っ込み思案」は、似ている性格には違いありませんが、「引っ込み思案」は、「人見知り」のように常に人が気になるという訳ではなく、積極的になれない性格のことです。

この2つは、そのような違いがあると覚えておいてください。

まとめ

「人見知り」「引っ込み思案」の違いは、以上の通りです。

どちらも解消できるに越したことはないと言っていいでしょう。