スポンサーリンク

「大切」と「好き」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「大切」と「好き」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「大切」「好き」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「大切」とは?

「大切」とは?

最も必要であり、重んじられることや重要であるさまを指す言葉で、生きるために大切なものとなると最低限は食事、睡眠、排泄がまず挙げられ、趣味や仕事、家族、家の周りのことや飼っている動物がついで大切なものと言えるでしょう。

自動車であれば環境問題への対応や安全性の向上は非常に大切なテーマではありますが、販売の向上に対してすべてが直結するテーマとは言い切れない部分もあり、優れたデザインや走行性能、乗り心地の良さなどのほうが顧客に訴えるポイントとなるケースがあります。

ただし環境問題として燃費の良さ、安全性の向上に関して衝突被害軽減システムなどはセールスポイントになりえます。

アイドルの公式サイト、ラジオ番組、ソーシャルゲームなどでの大切なお知らせという言葉は最重要な内容であることが多く、プラスの情報はお知らせという形で伝えないことも多いためネガティブなものとして捉えられています。

「好き」とは?

「好き」とは?

心がひかれることや気に入ることを指す言葉ですが、好きなもののためであれば何でも出来るとすら思えることなど、好きということは様々な原動力になり得るものでもあります。

反対語は嫌いという考え方と、無関心であるという見方がありますが、嫌いが好きに近い状態とまでは言えません。

好きの対象は人や動物、食べ物や色などあらゆる物が対象と言え、非常にポジティブな概念と言えます。

好きという言葉でややネガティブな使い方となるのが「好きにしろ」「好き勝手する」という言葉で、命令、指示を聞いてくれないという意味合いになります。

「大切」と「好き」の違い

「大切」と「好き」の違い

「大切」「好き」の違いを、分かりやすく解説します。

「大切」最も必要であり、重んじられることや重要であるさま「好き」心がひかれることや気に入ることであり、大切な人であればある程度行為があるとも言えます。

また、趣味や恋人など好きなものは大切なものになり得ることがありますが、電気、水道、ガスなど生活に必要不可欠なものは大切であっても好きである感情を強く出している人はあまりいないと言え、大切と好きは離れてしまうこともあります。

テレビ番組であれば放送局にとってCMは大切なものですが、視聴者はCMが好きということもあればそうでもないということもありえ、番組とは別評価になります。

プロ野球であれば興行成績が会社にとってかなり大切で、好きと言われるチームになることは強いチームになるのと少なくとも同等の大切さを持っていると言えます。

まとめ

まとめ

「大切」「好き」はイコールになり得る場合も数多いですが、体にとって大切な栄養がある緑黄色野菜だけど味は好きではないと言った、二つの観点(この場合は栄養と味)がある場合、好きと大切はイコールではなくなり、どちらかが優先されるケースが多くなります。

好きは人間を動かす原動力となりえますが、大切はそうとは言い難く、好きと大切が結びついているものであれば原動力となりえます。