スポンサーリンク

「作文」と「日記」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「作文」と「日記」の違い言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「作文」「日記」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「作文」とは?

「作文」とは?

「作文」とは、何かのテーマに対し、それについて自分の考え方を交えて述べていく文章のことです。

例えば、「自動車の未来」というテーマだったとすると、ガソリンエンジン以外の環境性能を考えたパワーユニットの使用や、自動運転などがその内容になると考えることができます。

「論文」と似たところがありますが、そちらは研究成果などの報告になる文章で、自分の考え方が主体とはならず、客観的に書かれたものになります。

「作文」では、同じテーマだったとしても、人それぞれの考え方によって、内容が大きく変わると考えていいでしょう。

「日記」とは?

「日記」とは?

「日記」とは、その日にあったことを記録した文章になります。

実際にあった内容が記載される為、後からその日に何があったのかが分かる「健忘録」として利用されることも多々あります。

一般の人付けるそれとは別に、毎日の業務内容が記される場合もあり、それによって、後から何かがあった時に、どこで間違いがあったか、何が悪かったかといったことが分かる場合が少なくありません。

「作文」と「日記」の違い

「作文」と「日記」の違い

「作文」「日記」の違いを、分かりやすく解説します。

「作文」は、これと決めたテーマに対する説明になる文章で、書いた人なりの考え方が大きく反映されるのが特徴だと言っていいでしょう。

「日記」は、その日の出来事の記録になり、起こったことについての感想も一緒に記載されます。

客観的な部分もあれば、その人なりの考え方も入る為、こちらも付けた人によって内容が変わるものです。

その為、特に同じ日の記録であっても、行動や業務内容が違えば、内容は全く異なるものになります(ただし、客観的に見た同じ内容があれば、それについてはほとんど同一になると考えてください)。

まとめ

まとめ

「作文」「日記」は、このように違います。

「作文」は、国語の課題として出される場合も多く、その時には、理解力や文章力が大きく試されることになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
言葉・カタカナ語・言語
スポンサーリンク
編集部をフォローする
言葉の違いが分かる読み物